読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選ばられているようで選んでいる

「曲の数だけ都市があり、

   曲の数だけ法律があり、

   曲の数だけ物語がある。」

 

 

BIGMAMAのニューアルバム「Fabula Fibula」を購入してきた。

 

 

相変わらず彼らの奏でる音は心地が良い。

そして、10周年にふさわしいアルバムだと思った。

 

 

私とBIGMAMAの出会いは今から約8年ほど前に遡る。某レコード店でCDを買い、いざ帰ろうとしたその時。

 

偶然流れてきたその音楽に足を止めた。

流れてきた方を見てみるとそこには

 

「ロックとクラシックが融合する音楽が奏でる12編の物語」と書かれていた。

 

それがBIGMAMAとの出会い。

 

ロックな音にバイオリンが入っている???!と強い衝撃を受けたのを今でも覚えている。

 

今までも確かにバックオーケストラみたいな形でポピュラーミュージックの中にもバイオリンは入っていたが、それとは全く違う色を放っていた。それがとても新鮮で。

 

音も歌声も好みで、しばらくその場から動けなくなっていた。

 

 

‥‥後日そのアルバムを購入しました。

「and,yet it movie〜正しい地球の廻し方〜」

私の一番好きなアルバム。

 

他のアルバムもとても好きなのだが

これを超えることはあまりなかったけど

今回超えてしまったかもしれない。

 

今回のアルバム。地図を頼りに旅をしているかのような、そんなアルバムであり、13編の映画を見ているかのようだ。

 

このバンドに出会ったときの気持ちを思い出した。

 

 

彼らの音楽を聴くと日常から少し離れられる。

そんな音楽に出会えたこと、嬉しく思う。

 

まだ聴いてない人もいるかもしれないので、中身については多くは語りません。(笑)

 

しいていえば、四弦好きの私からしたら

素晴らしいベースラインだなって曲が多かった。

 

 

そして曲順にしても、曲と曲のつなぎ方も絶妙。

 

楽しさと、かわいさ、かっこよさと儚さと優しさがたんまり詰まった音楽たちです。

 

そして、金井さんの言葉選びが相変わらず素敵だな、と思う歌詞。

 

 

その答えは、皆さん自身で。確かめてみてください。