NUMBER SHOT2018

私の夏のはじまり、NUMBER SHOT。

今年は初の2daysでの参加。

 

フジファブリックUNISON SQUARE GARDENのみ熱量多めです。ご了承ください。

 

 

 

DAY1

 

いつも通り天神からのシャトルバス。

第1便に乗り込む。

シャトルバス乗り場で氣志團ファンのお姉様たちとお話をする。とても優しい方たちでした。

氣志團はねー変なおじさんたちだけどよろしくね!」と言われた。

 

シャトルバスの列もリストバンド交換所の列も、そんなに多くないなという印象。

 

f:id:fujiusg:20180724090333j:image

 

f:id:fujiusg:20180724090411j:image

KEYTALKのマスコットで撮ってみたら予想以上にインスタ映え(笑)しそうな写真が撮れた。

 

 

 

会場についてOAを聴きながらレモネードを飲む。爽やかな味で美味しかった。

レモネード売ってるお兄さんに「熱中症気をつけて、楽しんでね!」と言われた。ありがとうございます。

 

フレデリック

去年ぶりです、フレちゃん。

見る度に好きになる。

新曲、とても良かったです。

最後のオドループの前の

「踊ってないナンバーショットは気に入りませんか!!?」

と言っていたのがハナマル。

 

去年は「踊ってない福岡知らない」だったのが

今年は「踊ってないナンバーショット知らない」でした◎

 

ファンキー加藤

わたしにとっては「テレビでよく見る人」のイメージ。予想よりも遥かに熱い人だった。

MCのことばひとつひとつが心に響く。

ファンモン時代の曲、あとひとつちっぽけな勇気も聴けた。客席の間の柵を全力で駆け抜けていったりと自由度満載であった。

 

・THE イナズマ戦隊

6年ほど前にUNISON SQUARE GARDEN目当てで行ったZepp!Step!SMA!以来。

毎年NUMBER SHOTには出てるのですが、日程がいつも合わずにこのタイミングで見ることに。いやあ、大好きになりました。

リハで郷ひろみさんや西城秀樹さんのカバー。

本編では関ジャニ∞に提供したズッコケ男道のセルフカバーを。楽しすぎた。

 

「すばるくんが卒業しちゃったから、、、この曲を日本一かっこよく歌えるのはもう俺だけだ!」

 

 

 

最後の応援歌には心を動かされた。

全身全霊で歌うボーカリストさん、とても好きだ。

 

KEYTALK

リハーサルでsympathyをぶち込んでくる。

セットリストはフェス仕様、盛り上がる曲を中心に。義勝さんがいつも以上にくるくる回りまくっていた。

若干雨が降ってくるもすぐに日差しが照りつける。暑い。

 

氣志團

ひょんなことで、どんたくステージの最前列をGETしてしまう。

山笠ステージはとなり合わせなのでとても見やすい。

出てきた瞬間から楽しい。歌いながら踊れるのかっこいいですね。

終盤で披露されたのはOne Night Carnival 

うわぁ生で聴けた!なんて感激していたらその後にまさかのOne Night Carnival 2018

そしてそれはあきらかに星野源の「恋」が混じっていたし普通に恋ダンスをしていた。

来年もくるためにとOne Night Carnival2019も披露されるがあきらかにマキシマムザホルモンが混じっている。とても自由である。

名前は存じてないのだが紫のギターの人がかっこよかった。

 

竹原ピストル

念願の!と言ったところでしょうか。

ずっと見てみたかった。

リハーサルで浅草キッドをやっていたのが歓喜

話し出すと緩いおじさんという印象は持ったもののやっぱりギター弾きながら歌う姿はかっこよかった。

よー、そこの若いの では様々な楽しみ方をしている人が多くバンドによくある腕を振りながら飛び跳ねている若者をみて「そこの若いの、ありがとな!」って言っていたのもまた良きだった。

 

平井大

ひたすら癒し、という印象。

色んな打楽器を巧みに操るサポートメンバーのお姉さんがかっこよかった。

心地の良い音楽でした。

海の中道にもめちゃくちゃ合うのだが個人的には夕暮れの糸島とかでも聴きたいと思った。

 

フジファブリック

1日目最大のお目当て。

平井大さん終了後、BOBOさんが登場。

グラサンでオールバック、15秒くらい[ALEXANDROS]のサトヤスに見えた。

その後、金澤さん、加藤さんが登場。

総くん不在のまま夜明けのBEATでサウンドチェック。

どうやら金澤さんのMacの調子が芳しくなかったらしい。のちに日除けカバーがかけられていた。

 

本編

16:50からスタート。

少しの静寂のあと若者のすべてからスタート。

夕方5時のチャイムに合わせたのか、粋すぎる。続くではいつもなら「イェェエエイ!!」と叫ぶところが「ナンバーショットーーー!!!!」であった。大いに盛り上がる。

やっぱりフェスで聴くこの曲が死ぬほど好きだ。ラスサビの合唱のあとの総くんの笑顔、プライスレス。

畳み掛けるように新曲電光石火へ。

ライブで聴くのは2回目なのだが相も変わらず楽しい。

颯爽と出てくるショルキー、叫ぶ私。

夏といえば!やっぱりSuffer Kingでしょう。

この曲を海の中道でずっとずっと聴きたかった!加藤さんが目の前に来てニコニコしながら会釈してお立ち台へあがってベースを弾いたり、上手側に戻ったときに「こいやこいや」みたいなジェスチャーで煽る。

去年のフジフレンドパーク(w/UNISON SQUARE GARDEN)から加藤さんのベースプレイが変わった気がする。やっぱり田淵くんの影響なんだろうか。はてさて。

最後のサーファー気取りアメリカののフレーズをひとりひとりソロで弾く。最高。

 

「NUMBER SHOTにどうしても出たくて、主催者の方に直談判しました!!NUMBER SHOTー!!!!!」と嬉しそうに叫ぶ総くん。

私も嬉しい、前回海の中道に来たのは6年前、まだ前身のHIGHER GROUNDだったときだもんね。

フジファブリックが来年15周年を迎えることや故郷への思いを語ったあと、最後に新曲を、と手紙を。(どこかのライブで「東京」と言い間違えた案件を無駄に心配してしまった。)

夕暮れ時に聴くこの曲は反則だ。

 

 

ウカスカジー

シートエリアに戻ってウカスカジーを。

リハーサルの時点で既に他の人達とオーラが違う。

Anniversary春の歌などが聴けて嬉しかった。そして彼らは観客を巻き込むのがとても自然でうまい。さすがだった。

 

 

2日目に備えてウカスカジーを終えて泣く泣く退散。ホルモンの音漏れを聴きながら帰りました。

 

 

 

Day2

朝起きたら本来家を出るべき時間で焦る。

起きて30分も立たないうちにおうちを飛び出る。全力で走る。なんとかシャトルバスには間に合った。

昨日に比べてめちゃくちゃ人が多い。人気バンドが勢揃いしているので仕方が無いのだが。

朝ごはんを食べていなかったので会場についてOAを見ながらオムそばを食べる。

緑黄色野菜、とてもよかった。

 

・ヤバいTシャツ屋さん

リハーサルの時点で全力。

スタンディングエリア、既に大盛り上がり。

本気でもMCはコヤマさんが「おはよーございまーーーーす!!」の連呼くらいで曲をバンバンやる。ありぼぼちゃんの声が高い。

最後のハッピーウエディング前ソングが死ぬほど楽しかった。

 

Crossfaith

友達のひとりがガチりに行ったのでほかの友達とかき氷を食べながら見る。

koieさんのシャウト半端ないって。

ドォーモという番組で「ヤバい中学屋さん」と10回くらい連呼していたイメージしかないので半端ないって。

あちこちでサークルモッシュやヘドバンか起きている。さっきとは全然違う雰囲気である。

めちゃくちゃかっこいいバンドだった。

 

SUPER BEAVER

山笠ステージ側のスタンディングエリアへ移動。とにかくかっこいい、その一言に尽きる。

ずっと気になっていたバンドではあるのだけど、やっと見れた。

熱いロックンロールを響かせてくれた。

ラストの曲「ありがとう」がとても良かった。

 

My Hair is Bad

初見。数曲くらいしか知らないので後ろで見る。椎木さんが出てきた瞬間に黄色い歓声が起こる。

音楽に関してはめちゃくちゃかっこよかったし、普通に好きだと思った。

‥‥が、やはり私はボーカルの彼がどうしても好きになれないのだ。ファンの方本当に申し訳ない。あ、声質は好きです。

 

THE ORAL CIGARETTES

これまたひょんな事で次の山笠ステージの出番であるアクトの最前(とはいえ花道)をゲット。ここから、どんたくステージのオーラルを見ることとする。

‥‥にしても日差しが痛い。

カンタンナコト は定番曲ではあるものの何度聴いても好きだ。

城ホールから5150 のアレンジ変わりましたね。最初の「あとどれくらいの〜」がなくなった。これもまた良き。

雲行きが怪しくなってきて大粒の雨が降ってきた。

「俺もお前らと一緒に濡れるわ!!!」と前に出てきて歌う、雨に濡れる山中拓也、死ぬほどかっこいい。雨も滴るなんとらや。

 

徐々に強まっていく雨、とうとう雷が鳴り出す。オーラル終了後、一時の中断がアナウンスされる。雷がなっているから動かずその場に座って待機するように、と。

 

UNISON SQUARE GARDEN

 

雷が鳴り響く中、ひとりサウンドチェックをはじめるオンドラムスタカオスズキ。

スタッフさん総出で床を拭く中、サウンドチェックを終えて丁寧にシンバルを拭く彼は癒しだった。

 

雨具なんてものはシートエリアに放置していたのでその場を動けず日除けのために被っていたキリンのフードタオルはびしょ濡れ。寒い。とにかく寒い。

 

強まる雷と雨。

10分、15分と伸びていく再開時間。

もうこのまま中止になることも覚悟した。

 

中断から約1時間40分後

なんとか雷雲が遠のき、再開がアナウンスされUNISON SQUARE GARDENのメンバーがステージへ。サウンドチェックのスタートである。

 

セッションからはじめ斎藤さんが「Hey〜HEY!Hey!check!check!check!Hey〜」と歌う。なるほど、これが噂のユニゾンのサウンドチェックか。これ音源化してくれ。

この時点で会場のボルテージはあがりクラップが起きる。

 

一通りのサウンドチェックを終えて田淵さんにマイクチェックをして欲しい斎藤さん、

「たぶちっ」と呼ぶもベースに夢中で気づかない。再度「たぶちっっ!!!(マイクチェックしてというジェスチャー)」をしてようやく気付き歌う田淵さん。なにこれ映像化しよ。

 

 

斎藤さん「雨の中長い時間ずっと待っててくれてありがとうね。みんな無事ですか?ナンバーショット、まもなく再開します!」

 

 

そんな粋な言葉に思わずほろり。

スタッフさんたちの頑張りで

予定よりはやくNEXTARTIST is‥‥と表示されると今日1番くらいの歓声が巻き起こる。

 

絵の具が流れ、いつもより早めに3人同時にステージへ。

そのままセッションへ。しかもベースソロから。私、歓喜

聴き覚えのある和音が鳴る。

静謐甘美秋暮抒情 である。

夏フェス開幕宣言が静謐甘美って。最高かな。

外はすでに夕暮れ、雲が切れて一瞬の晴れ模様。そんな中でのこの曲はエモーショナルであった。

余韻に浸る暇もなく続く君の瞳に恋してない

 

「嵐の中濡れるくらい構わないからバスタオルは任せた」がやけに染みる。

毎度の如く、田淵、暴れ回る。楽しそう。

 

「Friday 君を待ってる時間 待ってる時間は辛くないけれど冷静さは保ってらんない!」

おそらくユニゾンファンのみが盛大な歓声をあげたであろうフライデイノベルス

いや、めちゃくちゃ辛かったけど辛くなかったな。冷静さは保ってらんなかった。

雨に打たれてる時間なんて「これは何の罰ゲームか」って笑っても怒ってもないけれどそんなこと思っていたりいなかったり。

どちらかと言えば水と雨についてのことしか考えてなかった。

山笠ステージを走り回る田淵、下手側ギリギリまできて花道付近でみてる人達へ思いっきり笑いかける。さっきまで狂気的すぎる動きで大爆笑していた後ろの人たちをいとも簡単に恋に落としてしまう。恐ろしい男である。

続く10%roll,10%romanceではやはり田淵のコーラスが死ぬほど好きだ。

斎藤さんの伸びかな声が海の中道に響き渡るのがなんとも良かった。

 

斎藤さん「次で最後の曲です!ありがとう、UNISON SQUARE GARDENでしたっ!」

会場から最後を惜しむ「えー!!!」が聞こえるがそれも畳み掛けるようにシュガーソングとビターステップ へ。やはり人気な曲、会場から盛大な歓声が起きる。

ふとオンドラムスタカオスズキをみるとジャケットで目隠しをしてドラムを叩いている。

ニゾンファンにはお馴染みの光景ではあるがざわつく会場。スティックをくるくる回しダイナミックにドラムを叩く、さすがである。

体感5秒で終了したユニゾンのアクト。

最後田淵が下手側にいる人達をみて

「風邪ひくなよ!またな!」みたいなこと言って笑顔で帰っていった。惚れた。(元から)

目隠しのまま前にふらふらやってきて一礼をして去るオンドラムスタカオスズキ、素敵だった。

 

10-FEET

 

あまりにも寒すぎて替えのTシャツに着替えて薄手パーカーを羽織る。だが寒い。

唐揚げ丼を食べながら後ろで10-FEETをみる。

10分カットだったのだろうか、「時間が無いから早速行くぞ!」とリハからそのまま本編へ。

RIVER はやはりいい曲だ。

 

MONOEYES

私がNUMBER SHOTに来てから3年。

毎年欠かさずみているバンドだ。

リハーサルでStand by me は素晴らしかった。

毎年見てるけど「かっこいいなぁ、いいなぁ」で終わっていた彼らの音楽、今年は本当に好きになった。それとなく毎年ナンバーショットを軽くdisる細美さん。笑

でも毎年細美さんが言った「dis」を改善するNUMBER SHOT運営。素敵だと思うよ。

今年は「規制がうぜぇ」「おままごとみたいなフェス」だった。disりすぎて笑ってしまった。

最後に歌われたラニート が心に響きすぎた。

細美さんの言葉の一つ一つ全てがかっこよくて、この人が老若男女問わずに愛されるわけを知った。そりゃ好きになるよ、みんな。

 

エレファントカシマシ

念願のエレカシ!最初からなにやらぶち壊れている宮本さん。煽りがすごい。顔がガチ。

たぶんユニゾンを知らない人が田淵をはじめてみたときこういう気持ちだったんだろうなとは思った。だけどそれがまたかっこいい。

RAINBOWを歌っている時に虹が出たり、

目を見開いて叫んだ瞬間に稲妻が走ったりと演出かな?と思ってしまうほど偶然がかさなっていた。

悲しみの果て が聴けたのは大きかったなー。

「お尻出してブー!!!」とかよくわからんこと言ってて思わず笑ってしまった。宮本さん、こんな面白い人だったんだね。

1番最後は大名曲 今宵の月のように 。

それこそ10年ほど前に「僕らの音楽」という番組でレミオロメンがこの曲をカバーしていて、それ以来大好きな曲の1つ。ずっと生で聴いてみたかったので嬉しかった。やっぱりいい曲だ。

 

東京スカパラダイスオーケストラ

大トリまでいるのは実ははじめて。

Diamond In Your Heart で細美さん登場!

めちゃくちゃかっこよかった。

Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ>

閃光

ではタクマさんが!

こちらもめちゃくちゃかっこいい◎

タクマさん、ここではMCをしてました!

「この間電車に乗ってたら、前にいた女性2人組が10-FEETの話してて、"10-FEETのボーカルって、関西人だからミネラルウォーターのことミネウォって略しててイヤ〜"って!ミネウォじゃなくてミネウォ(関西でいうマクドの発音)やし!」って言ってて笑ってしまった。

あとステージいっぱい走り回ってた!

 

タクマさんが終わったあと

なんかのCMでも流れている曲

Paradise Has No Border !

ここでなんと白スーツの斎藤宏介登場!!!!!

お立ち台の上に上がってギターソロ!

この時のドヤ顔たまらんかったな。

 

そしてそのまま白と黒のモントゥーノ 

最後までいたかいあった。素敵すぎる。

この時の斎藤宏介、イケメン度マシマシでした。まさか海の中道でモントゥーノ出来るなんて生きててよかった‥‥‥‥。

 

その後はシャトルバスに並ぶために

音漏れを聴きながら泣く泣く会場を後にしました。

バスの中がこれまた死ぬほど寒くて‥‥

福岡市内に戻った時めちゃくちゃ暖かかった‥‥。

 

こうしてNUMBER SHOTは今年も無事に終了。

今年こそは日焼けしねえ!と、対策はしたものの残念ながら顔だけはこんがりしてしまいました。。。

 

 

超インドア派なのですが夏フェスだけはやっぱり大好きだ。また来年!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛うねる系の人

※この記事は現在敢行中のツアーのネタバレを含んでおります。これから参加される方はご注意ください。

※記憶が曖昧な部分があります。たまにしれっと追記や修正をしております。ご了承ください。

※音楽的知識は皆無なので適切ではない表現をしてしまう可能性もあります。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NICO Touches the Walls

TOUR2018"NXA"-Acoustic Side-

@博多百年蔵ホール

 

 

 

博多は山笠の季節。

今年も博多の街に"飾り山"が多く飾られている。

 

f:id:fujiusg:20180706011237j:image

 

f:id:fujiusg:20180706011250j:image

今年も素敵な飾り山だなぁと思いながら裏へ回ると見た事のあるものが。

そう、ご存知、ゴリパラ見聞録。

わたしは最近までこのゴリパラ見聞録が全国ネットということを知りませんでした。笑

 

f:id:fujiusg:20180706015328j:image

博多一幸舎のラーメン。

長浜系よりはこってりめ。

かなりとんこつの香りがあるので

こってりもったりした、豚骨ラーメン好きな方にはおすすめです。

 

f:id:fujiusg:20180706015520j:image

 

サービスでデザートをいただきました。

ストロベリーアイスにチョコペン付き。

坂立くんのつもり。これでもつもり。

絵心が欲しい。

 

 

 

大雨が降りしきる中、博多百年蔵へ。

f:id:fujiusg:20180706011500j:image

 

f:id:fujiusg:20180706011511j:image

 

博多駅からはそう遠くないですね。

会場へ向かうと直売所がありました。

そこの一部のスペースがどうやら「待合室」だったそうで、そこで待っていてくださいねーと言われ待つことに。

直売所がすぐそばにあり、なおかつ日本酒の試飲もできるとのことで、行ってみました。

かねてより気になっていたあまおうのスパークリングが美味しすぎて購入しました。

f:id:fujiusg:20180706011750j:image

 

お酒得意じゃなくても甘くて飲みやすいのでぜひ。

 

 

18:30頃より会場。

横幅広めに設置されたイス席の上手側の前から10列目くらいに着席。横には通路挟んでまた椅子があるという感じ。

"酒蔵"だけあって会場の雰囲気も和な感じ。

 

19時定刻少しすぎた頃にステージの明かりが点灯。当然前のついたて付近から出てくると思っていた訳なのですが‥‥光村氏が私の真横を通過していくではないですか。

あまりにも唐突でびっくりしすぎて「ええぇ‥‥?うそぉ?」なんて間抜けな声を出してしまった。本人に聞こえていないことを祈る。

 

 

1.N極とN極

エレキサイド同様N極始まり。

ただ違うのは最初は「光村一人での弾き語り」だった。酒蔵特有の響きなのか、ホール全体に歌声が響き渡る。一瞬にして虜になる。

途中で後からバンッと物音がした、その数秒後にミニオンみたいな配色をした対馬さんが横を通過。光対セッションとなる。

 

 

1曲目終了後、ほか2人のメンバーも呼び寄せる。もちろん真横を通過する。

 

2.手をたたけ

去年FM802のイベントやイイニコの日でしていたアレンジ。

「Howdy!〜」に入っているものよりもギターのカッティング(?)が特徴的。

"身体揺らせ〜♪♪"を聴けたことに静かに歓喜

全"手をたたけ"アレンジの中で一番好きかも。

 

 

3.Funny Side Up!

浅野くんのバイオリンが入っていないため、CDとは異なるアレンジ。

中盤部分のちょっと苦し紛れに歌うところからのファルセットが最高◎

 

光村「こんなに裏拍の手拍子うまいの僕らのお客さんくらいです」

それはもう裏拍を鍛えられまくってますから‥‥

 

 

 

敬愛するNICO Touches the WallsのパクリをしてるACO Touches the Wallsです。

と別人であることを強調。笑

 

 

光村「僕、日本酒大好きなんですよ。‥‥悔しい‥‥」

せっかくの酒蔵なのにツアーの為、禁酒中(?)のお酒大好きなボーカル、本気で悔しそうな、物欲しそうな顔をしながら隣で美味しそうに酒を飲む何リミテッドサザビーズの人みたいな髪色をしたギタリストを見る。

光村さんには申し訳ないけ笑ってしまった。ツアー終わったら沢山飲んでね。健康に害をきたさない程度に。

 

4.ストロベリーガール

 

光村「僕の今の気持ちを歌います」

これはこの百年蔵に置いてあるあまおうのスパークリングにかけているのか否かは謎。

アコースティックverを生で聴くのははじめてのため新鮮な印象を持つ。

原曲とは違う「大人」なストロベリーガール。

練乳たっぷりかけた甘ったる味じゃなくて、リキュールに漬け込んだ大人の味。

 

光村「酔った君を食べちゃうぞ」(甘ったるい声)

 

ここで不覚にもめちゃくちゃときめいてしまったことは認める。ごめん。何度も言うけれどほかのバンドマンなら「は?」案件です。

まあ「何言ってんだこいつ」くらいは思った。申し訳ない。

2016年のクリスマスのロゴスではこの曲の前に

「クリスマスぽいことしてないからプレゼント代わりに君たちをいただきます。お前らのこと食っちまうからな!」

みたいなこと言ってましたね。

福岡でストロベリーガールやるときそういうこと言いがちだね。まあその時も「何言ってんだこいつ」とか思いながらしっかりときめいたんですけど。

 

古村「あらま〜♡」

酔ってるな?確実に酔ってるやろ。かわいい。

 

 

5.夢1号

「Howdy!~」の時から思っていたけれどオシャレなBARとかでかかってそう。

まさにこの会場にピッタリであった。

間奏から"理屈じゃ〜♪"のところが何よりも好きで生で聴けたことに感謝したい。

 

光村「夢の世界に(中に?)連れて行っちゃうぞ」

 

古村「あらま〜〜ですねぇ」

 

語彙力が死にすぎてるぞ。

 

 

6.ホログラム

夢1号からこのつなぎ方はずるいです。

こちらも「Howdy!~」からのアレンジ。

 

7.bud end

光村1人での弾き語り。マイクレス。生歌。

彼の歌声に酒蔵特有の響きが絶妙にマッチしている。心地よい響きだった。

 

「♪一か八かで注いだ‥‥‥‥日本酒‥‥言い難いな‥‥‥‥ワイン〜♪」

 

サビにさしかかるときには鳥肌が止まらなくなった。そう、やっぱり歌が上手いのだ。

心に響きすぎてほろっとした。

ボーカリストとしての「貫禄」を改めて見せつけられた。

 

酒蔵の響きとかで少し泣きかけたという光村氏。

光村「自分で歌っておいて泣きかけるなんて恥ずかしい。この曲は最近書いた中でも一番のお気に入りで。32になってまでも大人になるってどういう事なのか考えてます。‥‥あっ‥‥

(ここで別人設定忘れに気づく)‥‥ってメールでいってました!みっちゃんが!

 

 

8.夏の大三角形

対馬氏をステージに呼び戻し、2人でのセッション。ひとつのマイクを2人で使って歌う。

光村「(対馬さんの胸あたりをコツコツしながら)意外と鳩胸なんですよ」

対馬(ドヤァ)

これもFM802のときのアレンジ。

今日は「すべて→が変わるなんて」でした。

対馬さんのコーラス相変わらずめちゃくちゃ上手い。

 

 

光村「NICO Touches the Walls先輩は7/25にTWISTAR EPというEPを出します。前回のOYSTERでも高評価をいただいたので今回もやらせてもらえることになりました!NICO先輩は明後日しあさって、ドラムロゴスでバキバキのライブをやるでしょうし新曲もやると思います。その新曲を今日は僕達が先にやります!」

 

古村「前も1回あったよね」

 

光村「日程的に僕らの方が先だし‥‥前回は許してくれたけど2回目は怖いな〜」

 

対馬「光村さん怖いもんね」

 

光村「‥‥そんな悪い人じゃないんだよ‥‥怒んないし‥‥音楽に関しては怒るしめんどくさいけど‥‥(小声)」

 

9.VIBRIO VULNIFICUS

エレキverよりは刺激は優しめだけどこちらもヒリヒリするアレンジ。

エレキverはサビのシンセサイザーの音が特徴的だったのに対し、ギターの音が特徴的だな、という感想。歌声もすこしマイルドめ。

ただ人食いバクテリアなだけに中毒になると危険だ。気づいた時にはもう手遅れだ。

 

10.mujina

繋ぎ方が最高にうまい。

坂倉氏の見せ場、前に出てきてベースソロ。

スラップが最強に妖艶。

カウベル(?)をカンカン叩く光村氏のノリノリさが少年のようでした。

 

11.ニワカ雨ニモ負ケズ

和歌山アレンジにさらに磨きがかかっていた。

最初のところ大好きなんですよねえ。

途中でスキャットも入ってましたね!久々!

古くんギターソロにさしかかるときに前に出てくる光村。元の位置に戻る時になにかに引っ掛けて古くんのマイクスタンドが倒れるアクシデント!それでもギターソロを続ける古くん、さすがです。

ラスサビ前に音が止まり空気をめいいっぱい吸う。みんなが飲んでいるお酒の残り香を摂取しご満悦の表情。

 

12.天地ガエシ

「Howdy!~」のアレンジ。

実はこの曲はわたしはACOverの方が好きだったりする。もちろんエレキ‥‥いやご本家様も大好きなんですけどね。

ギターのアルペジオがとても綺麗ですよね。

 

 

13.来世で逢いましょう

けして幸せな曲ではないのだけれど何故か楽しい気持ちになるこの楽曲。

ACOのアレンジでは「暖かみ」を感じた。

ほろっとしてしまう。

途中の掛け合いは対馬さんでしたね!

 

encore

光村「もう一曲新曲やります!ナイショね!ナイショ!」

 

14.FRITTER

光村「この曲は僕達の方がいい!」

ご本家様のバッキバキの煽り満載のロックナンバーとは変わり、賑やかな印象。

クラップが最高に合うし楽しい。野外で聴いたらたぶん踊る。自然と身体が揺れ動く。

この時の対馬、坂倉のリズム隊コンビの動きがシンクロしていたのも魅力的であった。

 

15.口笛吹いて、こんにちは

ACO Touches the Wallsといえば、この曲ですね!口笛もばっちり決まっておりました。

いつ聴いても幸せな気分になれる曲。

「じゃなーーい!」は坂倉さんでした。

歌ったあとエヘへ‥‥みたいな表情浮かべてました。笑

 

 

終演後、しばらく拍手が鳴り止まなかった。

それくらい、いいライブでもっともっと聴きたいと思った。あんなにも暖かい気持ちになれるライブは久しぶりだった。

アコースティック編成がうまいバンドは本物だと思っているのだけれど、それを見事証明してみせるバンドがNICOACO)Touches the Wallsだ。

アコースティックを「ただのアコースティック」に留めない彼らの才能にただただ頭が上がらない。

 

 

 

またACOの全国ツアーをやって欲しい。

その時は再度、百年蔵で。

 

彼らからの「ささやかなお土産」がささやかすぎてなんとも素敵だった。

 

 

f:id:fujiusg:20180706121747j:image

 

 

 

そういえば猫っ毛で湿気で髪の毛うねっちゃうってみっちゃんが金髪にしたからって金髪にしたACOのボーカルの人がいってました。

 

「みんな(髪の毛)うねる系の人ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NXA周南公演◎

※現在敢行中のツアーのネタバレ含みますのでこれから参加される方はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NXA TOUR。

個人的、2日目。

 

徳山は山口県

徳山駅が知らぬ間にちょっとオシャレになってた。蔦屋とかスタバとか出来ちゃって。

でも相変わらず商店街はシャッター街

私のおうちの最寄りのようにスタバだけ浮いてる感満載。仲間だな、徳山駅(?)

 

前回、昨年10月にUNISON SQUARE GARDENのライブで来て以来2度目の周南ライジングホール。

f:id:fujiusg:20180612092708j:image

 

物販前に、会場来た時に
こんな急展開、聞いてないですがっ!
って言いたくなるような事が起きてしまって
たぶんそろそろ死ぬんだと思います。

 

 

 

 

 

今回は念願の2階指定席です。

元映画館のため、2階指定席はその名残りが残っていて、映画館の椅子です。ふかふか。ドリンクホルダーなんかもついてる。

他のライブハウスの2階指定席がどんなのか知らないけど、かなり快適でした。

一般ガチ勢した結果、1列目の光村さんと古村さんの間(つまり浅野くん黄金ライン) 

前日広島より演出や噂の光村クネクネダンス(?)が良く見えました。

 

隣にいたお姉さん(知らない人)、昨日見かけた人でしかもお互い認識してて、笑ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

開演ほぼ同時刻に暗転。

前日同様光村以外のメンバーが先にステージに上がりセッション開始。

セッションも盛り上がってきたところで光村登場。やっぱり金髪だからかロックスターみが増してる。

 

 

 

1.N極とN極

2.Broken Youth

 

3.新曲

やっぱりこの曲死ぬほどかっこいいです。

「なんか悪いもんでも食っちゃいましたかぁ?」の煽り方が抜群、最強。

 

4.THE BUNGY

 

「灼熱の‥‥徳山ァァァ!!!!」

徳山。山口〜!周南〜!ライジングホールー!!

でもなく、徳山。

 

捻くれ者なんだか、徳山しか出てこなかったのか、何も考えてないか、それは知らないけど、徳山。いいと思います。

 

5.まっすぐなうた

6.新曲

「僕の歌では誰も泣かない」

「大人になれないでしょう」

大人ぽい、すこしアンニュイ(という表現が正しいのかは不明)な感じの雰囲気の曲。

アコースティックがどんなアレンジなのかは分からないけど死ぬほど映えそう。

光村の声の出し方が最強にエロい。

 

7.病気

相変わらず病的。

後半の方のシャウトが狂気的すぎる。

 

8.勇気も愛もないなんて

9.bud end

10.Ginger lily

前日も思ったけど、言ったけど、ここの流れの3曲はずるすぎる。

 

「轟音でごまかすだけ」は120点満点。

 

TWISTAR EPには「普通の曲はありません!」

「関係者たちからこんなバンドだったの?って。元からこんなバンドだわ!」

 

 

11.新曲

ここから攻撃的ゾーン。

最初の対馬氏のドラムソロが死ぬほど最強なのでもっと長く聴きたさある。

光村のなんか謎の動きが見られる。超ノリノリ。ギターライン、最強。ベースライン、超絶色気ある。かなり洋楽みが強い曲。

サビに入る前のキーボードがめちゃくちゃ良い。サビの高音シャウトに酔いしれる。

まじで歌うまい人だな。本当に。

いや、こんなNICO、めちゃ最高じゃないですか。全人類に聴いてほしい。あばよくば、バズってくれ。

 

 

12.mujina

13.アボガド

 

14.ローハイド

セトリ変わった!!ローハイド!

1番の歌詞、一部をすっとばし、下向きながらふにゃふにゃ〜歌っておりました。

ライブの醍醐味のひとつですね。

歌詞飛ばしたときに、対馬氏がニヤニヤしながらドラム叩いているのをニヤニヤしながら見てました。

 

「君とまぁ↑いちに乾杯しよう」だったので最高です。ありがとうございます。

 

15.Funny Side Up!

「音楽の中では自由なんだよオラァ!」

誰だよ。金髪仕様だから煽り方も金髪(偏見)

だけどサビではやっぱり左右に手を振らせる捻くれ者。これで定着すると思われる。

1125のときよりももっとライブで聴くのが好きになったけど、この2日間のせいでこの曲聴くと踊りそうになる、どうしてくれる。

 

16.新曲

通称「嫁の曲」である「来世で逢いましょう」

坂倉氏がベース弾きながらツイストしているのがはなまる◎

「やっぱり僕じゃなかったぁ!」のあとの間奏がドツボ。

 

 

アンコール

この日の話題は「10年で変わったこと」

・古村くん、話をふられるも上手く話せず、あっさり「まあ、古村くんは変わらないし」と切られる。

・坂倉氏は良くも悪くも変わらない

対馬氏、老け顔だからようやく年相応に。

・光村氏、みんなにイラつかされて浦安までのタクシーでタバコ吸ってた(まだ吸えた時代)

・大名曲「プレイヤ」の歌詞の誕生秘話。

・光村氏、RPGやったことない

対馬氏は相変わらずゲーマー、テレビゲームからアプリに変わった話。

 

対「カードゲームとかね」

古「デュエルとか????」

対「デュエルじゃねえよ!お前は黙ってろ!笑」

 

 

デュエルとか最近の若い子しらないから‥‥

 

今ツアーの恒例「アンコールはおかわりコーナー(?)」。

どの曲おかわりほしい?との問いかけに

フロアからみんな手を上げる。

 

 

光村「誰が手を挙げろといった?」

 

いや、あなた誰ですか。

 

 

結局「僕は数人の声を同時に聞き分けることができる」との理由で一斉に言ってご覧なさいよと言っておりました。

 

 

おかわり曲「アボガド」

 

光村「どれだけ聴きたいの?‥‥ん?いっぱい?1番だけ?‥‥全部?全部いっぱい聴きたいの?‥‥仕方ねえなぁ‥‥」

 

 

だから誰だよあなた。

他のバンドマンならイラつき度MAX越えるけど、金髪ならなんか許せるしむしろ超ときめくし、好きとか思う私もかなり頭おかしい。

もはやこういう光村、嫌いじゃないというか、理想。いいぞ、もっとやってくれ。

 

 

18.天地ガエシ

この曲の浅野くんのバイオリン死ぬほど好き。

 

 

やっぱり今回のツアーのNICOのモードが過去最高かもしれない。いつだってその時が最高なんだけど。メジャーデビューから10年たって、

「勇気も愛もないなんて」でふっきれて、リミッター外して、やりたい放題やるというスタイルを固めてきたかな。それがいい。

元々曲の振り幅が大きいし、まだ多分他にも隠してるはず。

 

次はAcoustic Side

ようやく福岡。酒蔵で坂倉です。

たのしみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂気の意味を知った。

「狂気」。その一言に尽きる。

 

2018.06.09 ロックの日

NICO Touches the Walls TOUR2018 "NXA"

@BLUE LIVE広島

 

 

 

※これより先、今回のツアーのネタバレを盛大に含んでおりますのでまだ行ってないよって方はご注意を。

※語彙力は皆無です。

※記憶は曖昧な部分があります

※光村大好き芸人のため彼だけ熱量多めなのは許してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NICO Touches the Wallsというバンドに出会ったのは2008年9月24日。

1stアルバム「Who are you?」のリリース日。

偶然聴いたあの1枚で人生が変わったのかもしれない。

当時私は広島に住むただのJKで、今みたいに1人でビュンビュンどこへでも行く人間ではなく‥‥ライブ行きたいけど一人で行くの怖いなって思っていけなかったんです。

やがて私は福岡に引っ越し、その後狂ったようにライブハウスへ足を運び、いっとき「福岡都民」なんてあだ名をつけられるくらいには、軽率に東京へ行くような人間になりまして(笑)

 

ただその中で、心残りがずっと残っていたのが

NICO Touches the Wallsを広島で。

それを叶えるタイミングこそ、今年なんじゃないかと思い、行くつもりのなかった広島を軽率に増やしたのがだいたい2ヶ月前(笑)

 

BLUE LIVE広島。

私が福岡に越した年に出来た新しいライブハウス。広島駅から路面電車にゆられて約30分、そこから歩いて10分。アクセスとしてはまあ、不便。海沿いに立っているので風が吹くと気持ち良い、中も綺麗でオシャレでした。

 

 

開演時刻とほぼ同時に暗転。

サポートメンバーの浅野くんと共に光村以外のメンバーがステージへ。そのままセッションを開始、程なくして金髪になった光村がステージへ!!

 

 

 

1.N極とN極

久々に聴いた気がする。

いつぶりかは覚えてない。

熊大ぶりかな?

N極は何回聴いても大好きすぎてこれからはじまるセトリとか最高でしかないなと確信しました。

 

 

 

2.Broken Youth

アレンジの時点で「もしや?」と思ったのですが、やっぱりそれで大号泣してしまった。

何度かライブで聴いてる曲ではあるんですけど、私にとってこの曲を「広島公演で」聴くということは、念願でした。

10年前、広島の某CDショップで、なんとなく聴いたこの曲が、わたしの人生を変えてしまったと言っても過言ではないから。

今回はわたしは広島公演からのスタートで、セトリ見ずに参加したことでトリプルパンチ。

すでにK.O。

 

3.(新曲)

タイトル覚えてない。

「なんか悪いもんでも食っちゃいました?」みたいな歌詞があった。超絶煽り口調で歌ってて、歌詞からしオイスターに掛けたかな?ということ、あと死ぬほどかっこよかった。

まあ〜〜こういう真っ向から攻撃してくる感じ、好きですよ!

 

4.THE BUNGY

やっぱりNICOのライブといえば!ですね!

「灼熱の‥‥広島ァァァ!!!!」で歓喜した。

どうも、元広島県民です。

そして最近のバンジーの魅力のひとつが

浅野くんのバイオリンですね。

狂気的。一気に色気が増す。

 

5.まっすぐなうた

地味に好きな曲です。

ライブで聴くのがとくに最強すぎる。

 

6.(新曲)

「大人になれない」みたいな歌詞があったかな。(間違ってたらごめんなさい)

サビはアップテンポなんだけど、なんかどこか切なさを感じるような、そんな曲だった。

個人的にはドツボのタイプです。好きです。

 

この曲での坂倉氏がエロすぎてこまりました。

 

7.病気

状況が飲み込めなくてずっと真顔棒立ちで聴いてしまった。一気にNICOの闇の部分みたいなものに引きずり込まれた。もともと病的な曲なのにさらに病的なアレンジを加えて、まさしく、闇。30代になった彼らだからこそできる表現の仕方だった。

北朝鮮」「アメリカ」政治なんてクソ喰らえなんだ!と最近よく物申す彼の主張が何かしらあるんだな。光村龍哉にはもっともっとでかい声で「世の中なんてクソだ!!」と大声で言ってほしい。シャウトがやばすぎてさらに真顔になってしまった。

 

8.勇気も愛もないなんて

病気で呼吸困難にされてしまったあと、

包み込むかのような浅野くんのピアノから入ったこの曲。

2016年のツアーで披露された時より

「大人」な印象を持った。

ブルージーというか、なんというか。

 

9.bud end

「勇気も愛もないなんて」からの流れでこれはズルすぎやしませんかNICO Touches the Wallsさん。エレキver、アコverとはまた違う魅力を引き出していた。あと生のコーラスが本当に良すぎた。

 

10.Ginger lily

だからずるいんだってば。

1125ぶりに聴いたけど、やっぱり1125と同じことを思った。葛藤や苦しみがグサグサ突き刺さってくるけど、未来がそっと開けていくような、そんな感じ。

「轟音でごまかすだけ」の歌い方が個人的にハナマル。

 

 

11.新曲

一言で言えば「頭おかしい」(褒めてる)

攻撃的にも程がある。屍がうんたら歌ってた気がする。ちょっとというか、完璧に光村の趣味の塊みたいな曲だった。

グランジぽさというか、洋楽みあるというか、ゴスペルぽさもあったり、まあ、完璧にNICOというか、光村の趣味がよくわかる曲でした(知らんけど)

サビの歌声高すぎてびびった。

どっから出したんですか、その声。

 

っていうか、まだそんな歌声隠し持ってたんですか????は???

 

 

12.mujina

久しぶりだね!(そうでもない)

サビの部分で裏拍(?)で拳上げたら完璧に浮いてました()何度聴いてもかっこよすぎる‥‥

狂気さはマシマシ。

 

13.アボガド

状況が読み込めずに真顔棒立ち(2回目)

攻撃力500くらいだった。恐ろしい。

いや、もっと世の中にクソ喰らえー!!!と言ってもいいんですよ。

 

14.渦と渦

この曲のベースライン死ぬほど好きなんですよね。何度聴いてもたまらん。

 

15.Funny Side Up!

「手を叩いても、腰を振っても、腕上げても、なんでもいい!音楽の中では自由だァっ!!」と言って、くねっくね踊りながらたまにハンドマイクで歌って、古くんや坂倉さんも飛び跳ねたりしながら楽しくゆらゆら踊っていたのです。

 

「踊れミュージック!」のあたりから突然

「自由だァっ!!」とか言い放った人が横振りをしてくれと言わんばかりに、横振りしだして笑ってしまった(ごめんなさい)

もちろん横振りしました。踊る気マンマンだった(周りに人がいなさすぎるのをいいことに)

 

 

16.新曲

噂の「来世で逢いましょう」

全てにおいてドツボすぎるこの曲。

ちょっと懐かしみを感じるような曲。

思わずツイスト踊っちゃいそうな。

歌詞をよーくよく聴いてみると‥‥ん‥‥?

これなんか聴いたことあるな‥‥???

と思ったら「N極とN極」だ。

アンサーソング的なやつなのかな。だとしたらこのセトリ、超絶、ずるいぞ!

 

 

En

MC。「10年間の思い出」

坂倉氏と古村氏が広島の銭湯に行った時の話。えっちな話ではありませんよ。

その筋の人がいて怖かったみたいな話(ざっくり)詳しくはまあTwitterとか見てください。

しょうたろさんの表情が優しすぎて最高でした。

 

アンコール1曲目は「おかわりタイム」

捻くれ者が「アンコールとはもう一度あの曲聴きたい!というおかわりタイムのことで本編にない曲やっちゃいけないんですよ!!!!

今までやってたのはすべて不本意だと思ってください!!」と言ってて、そりゃそうだなと納得した。アンコールはあって当たり前のものではないですからね。

アンコール何がいいかと挙手を求めて、ちらほら手は上がる。

 

「後ろの人はなに?はやく帰りたいのぉー??」と超絶ドSな顔で言った時は結構まじでときめきました、ごめんなさい。

違うバンドマンならたぶんしばいてたと思うけど。笑

 

「放つ言葉をどう感じるかは人次第」

よくわかりました。

 

個人的には

つしまさんの〜ドラムソロ〜!!!!
これのおかわりがまじで欲しい。100回くらいほしい!
ドラムソロ大好き芸人、念願の対馬氏のドラムソロで昇天しました。

 

最後はもちろん

天地ガエシ!でしたね!

 

 

昨年ツアーの京都ぶりのワンマン、

やっぱりNICO Touches the Wallsはライブで見るのが1番好きだなと改めて感じた。

音源だけじゃ分からない魅力がたくさん詰まってる

NICOを見る度に、ただ「楽しい!」だけのライブじゃ物足りなくなってしまった。

毎回同じアレンジとか、同じ構成とか、

音源通りとか、物足りない。

 

音源では分からない本性がライブで現れる、

心の奥底までかき乱されて、揺さぶられて、

これこそがライブの醍醐味だな、と最近感じる。

 

 

新しいEP.

関係各所には「ニコ、どうしちゃったの?」と言われるくらいやっちゃってるし、普通の曲はありませんと言っていたけれど、

「どうしちゃったの?」はちょっと違うな。

新しい引き出しを開けて狂気さが増した。

でもNICO Touches the Wallsの音楽であることは間違いなくて、うまく言えないけれど、

いや、これこそ彼らの本性の一部なのでは?と思った。

 

 

 

 

 

 

10年越しのリベンジ、叶いました。

 

このまま次は大好きな周南ライジングホールへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸せな話題。

最近多い「○○からのお知らせ」にトラウマを抱えてその文言を見る度に不穏な気持ちになってドキドキしてしまう系の私です。どうも。

 

 

 

つい先日、お仕事終わりの私のラインにフジファブリックさんから「金澤ダイスケよりお知らせです」という文字を見かけて、真っ先に「え‥‥なに‥‥こわい‥‥」と身構えました。

悪い事だと思ってしまう私もどうなんだ?って感じですけど。笑

 

 

恐る恐るページを開いて、一語一句読んでいったところ

 

 

 

Superflyの越智志帆さんと結婚いたしました。

 

 

 

 

 

 

えっっ!!!!!??

 

 

 

 

 

10秒くらい頭の上に多数のはてなマークが浮かびました‥‥

その後は皆さんお察しの通り嬉しすぎて飛び跳ねてました。電車の中でひたすらニヤニヤしてました。好きなミュージシャンの結婚ってこんなにも嬉しいものなんだなぁと思いました。

 

私にとって金澤さんは憧れであり一番好きな鍵盤弾きさんです。高校生の頃は彼の影響で蝶ネクタイつけたり水玉やら着てましたね、、、服装の面でも憧れだったんだよなぁ。

mercibeaucoup,やmypandaが好きなのも彼の影響があったりなかったり。あまり買えないけど。高いから。

 

金澤さんの弾くピアノがとても大好きで、フジファブリックで奏でられる音の中でキーボードが一番好きで。私の「変態チックなアレンジが好み」「鍵盤が光る曲やバンドが好き」というものは実はフジファブリックが大きく関係してたりします。最初出会ったきっかけは志村くんの独特な歌声と独特な曲に撃ち抜かれたからなんだけど。深く知れば知るほど、そりゃあギターは死ぬほどかっこいいし、ベースもクールなんだけど。ロックバンドの中にいるキーボードはこんなにもかっこよく光るものなのだと思いました。

 

ダイちゃんの作る曲といえば

壮大だったり、楽しかったり、キラキラしてていたりするなかに暖かさと優しさがあってとても好きです。

ポラリス」とか特に全部詰め込まれてる感じ。とても良い曲です。

総くん作詞作曲の新曲「電光石火」はとくにキーボード光っててライブで初めて聴いた時わくわくした。これからもまた聴けると思うと幸せだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

‥‥とまぁ、よく分からないことを話していますが‥‥。ともかく金澤ダイスケさん、越智志帆さんご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに!!

 

 

 

志帆さんが「おじいちゃんおばあちゃんになっても変わらずに笑っていられると思う」というコメントを発表したときに、ふとWedding Songが頭をよぎった。

 

 

 

"5年後10年後60年後変わらない笑顔で

寄り添う2人を想像して嬉しいのです。"

 

"おふたりで過ごす日々に 笑顔あれ"

 

 

偶然か必然か、わかんないけど志村くんも空のうえから「ダイちゃんのくせに!」なんて悪態つきながらもお祝いしてるんじゃないかな、と思います。

 

 

本当におめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春のナイトピクニック

2018.04.01

go!go!vanillas TOUR2018

〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜

@長崎DRUM Be-7

w/フレンズ

 

 

長崎にきたのは‥‥いつぶりでしょうか‥‥。覚えがない。

特急のかもめに乗り込み長崎へ!

 

f:id:fujiusg:20180402002747j:image

ちゃんぽんが有名なお店へ。

ちゃんぽんといえば具がゴテゴテしていて、あまり食べたことなかったのですが、ここのちゃんぽんはシンプルでとても美味しかったです。

 

その後暇を持て余し、カラオケへ。

JOYSOUNDさんにはもうユニゾンさんの新曲や新アルバムの収録曲入ってました!

NICOさんのmujinaが入っていて「やったー!!!」と思って歌ったら死ぬほど難しかった。音程がリズムが取れずワンコーラスで断念(笑)いつも思うけどツムラさんまじで何者なの。

急に思い立ったかのように高校時代によく歌っていたような曲を歌ってみたり。意外と覚えていた。バンドにガッツリハマる前はYUIが大好きだったりしたんですよね。

「あの頃」の履歴をみたら知らん曲ばかりでいかに自分が好きなものにしか興味ないか実感しました()

 

f:id:fujiusg:20180402003251j:image

長崎といえば!めがね橋ですね!

うまく撮れてるかは謎。(写真下手)

 

f:id:fujiusg:20180402003343j:image

ちりんちりんアイス!

甘すぎず、とても美味しかったです◎

 

 

 

f:id:fujiusg:20180402003503j:image

 

お初の、長崎DRUMBe-7!

DRUM系列といえば九州の老舗ライブハウスなので佐賀宮崎鹿児島沖縄を除くすべての県にあります。(多分)

特徴としては「段差がある(福岡DRUMSON除く)から比較的どこにいても見やすい」ということですね。

 

 

 

去年11月ぶり、通算2度目のバニラズさん!

相変わらずドニワカの状態での参加。

対バンのお相手はフレンズ!

とても素晴らしい経歴を持つ方しかいないバンドですね‥‥。

元々音楽繋がりのフォロワーさんに教えていただいて、ガッツリ聴く機会ないままこの日を迎えました。

前日大分公演にも参加していた友人に

「あなた絶対好きなタイプの音楽だよ」

と言われたので、結構楽しみにしてました。

 

1、2曲しか知らないまま来ちゃってとても不安だったのですが、はじまってすぐにそんなこと吹き飛びました。

楽しい!歌上手い!演奏うまい!

"そんなに知らなくても自然に身体が動いちゃうような音楽"でした。なるほど、これは好きだ。

突然寸劇はじまった!?タタンパタタンパプピプピプピ!?と思いきや、あれ、れっきとした曲なんですね。(元気D.C.T~プロローグ~)長崎アレンジverですね。そういうの大好き。

中でも私の心を射止めたのは"塩と砂糖"という楽曲でした。全てのツボを抑えている。素敵だ。もはやイントロから好きだと思いました。

 

音楽性のタイプとしてはONIGAWARAとかが近いのかな。なるほど、確かにこれは好きだ。

ライブが終わる頃にはどっぷりハマって、軽率に物販で会場限定CDを購入する音楽馬鹿です。

このハマり方をするのは2015年のスペシャ列伝の、04 Limited Sazabysさん以来です。そしてこの癖たぶん二度と治らないだろうし、治す気もない。対バンの醍醐味ってこういう所だと思うので。

最近ずっと「大好きすぎるバンド同士の対バン」が多くて、あまり新しい音楽に触れる機会なかったのですが、やっぱりこういう出会いがあるから対バンやフェスは好き。

‥‥にしても久々にドストライク付いてくるバンドに出会った。

 

 

 

※以外、バニラズのツアーセトリ等のネタバレありますので、これから参加される方はご注意ください!!(全部は覚えていないためちょこちょこと。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも通りのSE(とはいえライブは2回目なのでいつもあれなのかは謎。)からスタート。

セトリそんな覚えてないのでちらほら感想語ります。

 

"FOOLs"のツアーだったのでそのアルバムからの曲が多かったです!◎

中でも"バイバイカラー"死ぬほど好きなんで嬉しかった〜〜。

"マジック"や"エマ"もまた聴けたのでテンションあがりました。

バニラズはライブが圧倒的にたのしいなと感じるバンドのひとつで、行くたびに好きになる。

メンバーが全員曲作って歌えるっていうのもまた魅力で、ガラッと空気や曲調が変わるのがいい。ロックンロールになってみたり、ロックだったり、ポップだったり。目まぐるしいライブ展開の中に、落とし込むかのように"サウンドエスケープ"をやるのがまたずるい。

 

ギターもベースもドラムもとにかく魅力的なのですが、何よりもマキタツヤさんのボーカルがストンと入る感じが最高だったり。

 

今やただのベース好きみたいな人間なんですが、元々色々な音楽を好きになる"最大の理由"がボーカルさんの歌声だったりするのです。

個人的に彼の歌声は、癖の強すぎない純粋な色気を持つ声だなと思っています。

もちろん癖の強すぎる声は大好物です。

ロックンロール歌うボーカリストさん、結構独特的な(良い意味で)お声をお持ちの方が多いので、ストンっと馴染む感じがまた新鮮でとても好きです。

 

どにわかでいて数年経ちましたけど

もうこれ完璧に好きなバンドになりましたね。。音源集めの旅に出ます。

次はどちらのバンドもどにわか卒業してライブに行きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PLAY

今日(?)で開設から1年になるみたいですね。そんなに更新してないんでアレですけど(笑)

 

昔は俳優女優がちょっと売れたくらいで音楽なんてしあがって!とか曲がったことを言っていたし、いまもそんな節はないとは言えないのだけれども、素直にいいなぁ、と思えた人がいました。

 

 

 

PLAY(Special Edition)

PLAY(Special Edition)

  • 菅田 将暉
  • J-Pop
  • ¥2500



菅田将暉くんのアルバムを買いました◎

もともと俳優さんとしても結構好きなんですが、彼が歌う人だと知ったのはひょんなことからフジファブリックの「茜色の夕日」をカバーしていると知り、動画を見たのがきっかけでした。涙ながらに歌うその姿に惹きつけられた。

今回、そんな「茜色の夕日」もアルバムに入っていると知り、買ってみようかなーと思ったのです。あと個人的に黒猫チェルシー渡辺大知くんやamazarashiの秋田ひろむさんなどが参加しているのも魅力でした。

 

 

いつもながら知識と語彙力がないので

ゆるっと感想を書いていきます◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01.さよならエレジー

まずこの曲の何が好きかって、アコースティックギターの旋律。どタイプです。

歌詞もすごくいいなーと思っていたら石崎ひゅーいさん作詞作曲。そりゃ好きだわと一瞬で納得しました。圧倒的声フェチなのは認めるのですがとても歌声が好きです。

 

02.いいんだよ、きっと

本当に個人的意見で申し訳ないのですが、歌い方や歌詞にAL(ex:andymori)の小山田壮平さんを感じました。「アイスクリームを食べようぜ」「主人公は不幸なのさ」あたりの歌詞がandymoriぽいなと思いました。そういえば菅田くん壮平さんと仲良いとか好きとかそんな話聞いた気がする。多分だけど。

 

03.見たこともない景色

auのCMで流れている時誰が歌っているんだろう?いい曲だなーと思ってました。最初聴いた時はまさか彼だとは思わなくて、びっくりしたよね。誰だと思ってたんだろう、忘れてしまった。

 

04.ピンクのアフロにカザールかけて

最初の1秒で忘れらんねえよの柴田さんだと察する。前3曲を完璧に覆す感じの曲調と歌声。

こんな歌い方もできる人なんだ!とびっくり。

歌詞は菅田くん。もやもやをぶっ飛ばしてくれそうな歌詞でした。

「これだけは言わせてよ 僕の人生は僕のものなんだ」

 

05.風になってゆく

黒猫チェルシー渡辺大知くんの提供ですね!

4曲目のテンションからまた空気がガラッと変わる感じで、ひとつの物語を見ているかのような曲でした。こういう曲、とても好みです。

 

06.台詞

石崎ひゅーいさん作詞作曲。

「俺をふるなんてたいした女だな」と菅田くんに歌わせるなんて最高だなと思いました。

他にも菅田くんファンが悶え死にそうな歌詞が散りばめられていました。最高ですね、ありがとう石崎ひゅーいさん。

 

 

07.スプリンター

amazarashiの秋田ひろむさん作詞作曲。

メロディーや歌詞に漂うamazarashiのエッセンス。めちゃめちゃ詳しいわけじゃないけれど、

秋田さんの書く歌詞すごく好きなんですよね。

リアルな感情みたいなものがグッとくる。これを菅田くんが歌うことにもグッとくる。

 

08.ゆらゆら

菅田将暉くん作詞作曲。

「空を見上げても星が見えないことに気付いた」という歌詞で茜色の夕日が思い浮かんだ。

あの曲は「見えないこともないんだな」だけど、同じような風景が浮かんだ。

 

09.呼吸

このアルバムの中で一番好きだなと思いました。歌詞も曲調もどタイプ。

こういうちょっと葛藤だったり悩んでいたりする曲に弱いです。

 

10.浅草キッド

ビートたけしさんのカバー。桐谷健太くんとのコラボ曲ですね!この曲桐谷くんの声もドスッと効いていてとても良き◎火花、見に行きたかったけど結局行けずじまいだったのでDVDレンタルしに行こうと思います。

 

11.灰色と青(+菅田将暉

米津玄師さんとの曲。菅田くん名義のアルバムだけど+とついているあたりが素敵。

職場でよくかかっていて聴いているうちに大好きな曲になりました。

ずっと「気になる」存在として君臨し続けていた米津玄師さん(1stアルバムだけウォークマンに入れていた)を最近ようやく本格的に聴き出した訳なのですが、米津さんの才能って凄いですよね。ほぼ同世代っていうのがまた信じられない。SuchmosのYONCEさんといい才能のある同世代はとても尊敬してます。

 

12.茜色の夕日

フジファブリックの大名曲。

志村さんが18歳でミュージシャンを志して上京をしてきた時に書いた曲。挫折しかけて故郷に帰ろうとしたときに「音楽辞めるんだったら、その曲俺にくれよ!」と気志團綾小路翔さんに言われて音楽辞めるのをやめたというエピソードがありますね。志村さん亡き後もフジファブリックにとってもファンにとっても大切な曲です。そんな屈指の名曲を菅田将暉くんが2013年のファンクラブイベントで披露した5年後。

またこの曲が彼の声で聴けるのがとても嬉しく思いました。大切に、大事に、歌っているのが伝わってきました。偶然か必然か、意識してるのか、無意識に似てるのかは分からないけれど、ときたま志村さんを感じるような歌い方で、それがまた心に響きました。

 

 

 

全編を通しで聴いてみて曲の振り幅の大きさに驚いたのと曲によって歌声がガラッと変わる。

俳優さんとしてもいろんなタイプの役柄を演じる人だなと思っていたけど音楽にもそれが生かされているなと感じました。

いいアルバムです。DVDはまたゆっくり見てみようと思います!