圧倒的すぎるやつをくれ!

中学時代、まだデジタルウォークマンなんてものは普及しておらず音楽を聴くといえばCDウォークマンかMDウォークマンかコンポ。

お気に入りのCDを擦り切れるんじゃないかって思うくらいに聴いていた。

そこから10年ほど経って今はCDを買ったらすぐにパソコンで取り込んでデジタルウォークマンに入れて聴く。

 

それが当たり前になって、CDを直接聴くことはあまりしなくなった。

 

最近になって買ったCDをすぐ聴きたいよなぁと思い、まさしく10年ぶりにCDウォークマンを購入した。

コンポは昔持っていたけれど処分してしまった。後悔。。置く場所ないからしかたないのだけれど。

 

 

そんな新しいCDウォークマンを活用するときがようやく来た。

UNISON SQUARE GARDENの新作シングル

Invisible Sensation」。

CDを取り出してウォークマンにセットする時のワクワク感、久しぶりに感じた。

レビューでもなんでもないただの感想を好き勝手書いてみようと思いました。語彙力なんてものは持ち合わせていないので悪しからず。

 

 

 

01.Invisible Sensation

初めに聴いたのはアニメ「ボールルームへようこそ」のオープニング。第一クールでもユニゾンがOPで、それこそ「ユニゾンの新曲早く聴きたい」だけで見始めたこのアニメにどっぷりハマってしまいそろそろ原作にまで手を出しそう。斎藤さんの歌声から入って、イントロへの入り方がとても好きで、今から何が始まるのかとワクワクしてしまう。アニメを見ているからかもしれないけれど、どうしてもこの曲を聴くとアニメのOPが浮かぶ

アニメのOPでは流れない二番で「そうきたか!!!」と思わされてしまうあたりがさすがUNISON SQUARE GARDEN

 

「努力だけじゃ未来は保てない」

「だけどいつか誇れるくらいには

人生はよく出来ている だから生きてほしい!」

 

という歌詞に関してはユニゾンだからこそ、

私がユニゾンを好きだからこそ重く響くんだろうと思う。

ほかの人が同じことを歌っても、言っても

「なんだよそれ、簡単なこと言うなよ」

と思ってしまうんだと思う。

だけど彼らがそう歌うならば、頑張って生きていこうと思えた。

 

 

02.スノウループ

「スノウリバース」「スノウアンサー」に続くスノウシリーズ第3弾。いつだったか田淵さんがこういう曲があるけどいつ世に出るんだろうとか呟いていた気がする。その曲がスノウループなのかな。

今からの時期に合いそうな曲だなぁと思いました。雪がしんしんと降る静かな夜に聴いていたい。南国(とはいえ寒いけど)だからそこまで雪降らないけど。

 

「知った風なラブソングは到底嫌いだから」

とひねくれた言葉を言っちゃうあたりが好きです。

 

 

03.サンタクロースは渋滞中

タイトルだけ見た時なんだこれって思ったことはあやまります。ごめんなさい。

「きっとあなたは来ないはずない」って歌詞で山下達郎さんのあの有名なクリスマスソングをふと思い浮かべてしまった。

あの曲は「きっと君は来ない〜」だけど。

クリスマスパーティなのかな、友達?恋人?でも思わず笑みが零れてしまいそうな曲。

なるほど、そう来たかと思わず声に出てしまった。

 

「サンタクロースは渋滞中 too tight」

のメロディーラインで

サンタが街にやってくる」の一部が出てくることで勝手に思ったのは、この曲もしかして

サンタが街にやってくる」のユニゾンバージョン?ってことかな。勝手な想像だけれど。

 

今年のクリスマスソングはこの曲に決めた!

 

久しぶりに3曲ともピタッ!とはまるシングルだなと感じ、しばらくこれを聴き続けていたいんだけれど数日後には新しいシングルが手元に来るんですよね、、笑

 

来年あたりに出るであろうアルバムへの期待がさらに膨らんだ◎

 

MCT

2017.09.23

MUSIC CITY TENJIN 2017

f:id:fujiusg:20170923225728j:image

 

一年ぶりに来ました。

今年のお目当てはもちろんGACHI MCT SPECIAL!

 

時間はたっぷりあるのでまずは岩田屋本館ステージへ。

 

f:id:fujiusg:20170923225837j:image

 

かねてより気になっていたOfficial髭男dismを。キラキラしていてポップで、でもエモさもあって、すごくいいバンドでした!

あとファルセットがめちゃくちゃ綺麗。

ベースの人がsaxも吹けちゃうの、凄い。

去年もここでライブをしたそうですがそれを上回るほどたくさんのお客さんがいると嬉しそうにしてました。

「犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!」を聴けたのは大きかったですね。知ったきっかけの曲でもあるので。

 

 

その後1度先程のメインステージへ。

the twenties。はじめて見ました。

大分出身のバンドさんみたいですね!◎

大分といえばSIX LOUNGEircleもいるしカッコイイバンドさん多いですね。

自分が聴いている感じとは少し違う系統のバンドで、少し前の自分なら好んで聴くタイプの音ではなかったのかもしれませんが、めっちゃかっこよかったです。ボーカルの方、遠目からみたら江沼郁也さんでした。遠目から見たら。

 

SMAではお馴染みのReiちゃん!

いやあ、圧巻。可愛らしい見た目だけど

ギターを弾けばまさにロックミュージシャン。

キュートだったり、かっこよかったり、目まぐるしくかわる表情がたまりませんでした。

曲もめちゃくちゃカッコよくて、もっと知りたくなりました!!

 

1度藤巻さんの特典お渡し会のためタワレコへ。

f:id:fujiusg:20170924002731j:image

 

 

人がすごい沢山いました。人気だなと改めて確信。緊張しすぎて大したこと言わずにそそくさと逃げました。ごめんなさい。

「総さんも好きで、今日楽しみだったんです」とかいってすみません‥‥。言葉足らず‥‥。

 

f:id:fujiusg:20170924002738j:image

 

宝物が増えました。 ありがとう。

 

 

メインステージへ戻るとコレサワちゃんのステージの真っ最中でちょうど「たばこ」を歌ってました。名曲ですね。

そのあと「全ての元彼に捧げます!!!!」と言って「SSW」を。可愛かった。とにかく歌もうまくて可愛かった。それに尽きる。

 

じわじわ前に行って前から2列目くらいまできました。そこでTHE GOGGLES。こちらも初見のバンドさん。いやあ、かっこよかったですね。the pillowsとか好きなひとが好きそう。

(あくまで私の見解です)Twitterをネタにした曲が面白かった。途中で知らん人が乱入してきて颯爽と去っていったけどあれは演出なんですかね?笑

 

終わったあと最前列に行けました。

そこで7月、musicるfes以来のGLIM SPANKY

リハの時点で既にカッコイイ。

「怒りをくれよ」はもちろんのこと

出会いのきっかけになった「褒めろよ」は正直めちゃくちゃ嬉しかったですね‥‥。

そして「美しい棘」は相変わらずレミさんの声の伸びが最高だと思いました。デビュー前からずっと歌い続けていると言う「大人になったら」も聴けて、嬉しかった。

ちなみにギターの亀本さん、衣装を忘れたそうで違うの持ってたから事無きことを得たけどGジャンだから暑い!って言ってました。笑

 

 

GACHI MCT SPECIAL

浜崎貴司×藤巻亮太×山内総一郎

 

いやあ、控えめにいっても念願のGACHIですよね、、しかも総くん亮太さんverの。

転換中のスタッフさんの動きで総くん側にいると気付き「おっおっまじか」と思ってました。

 

定刻を何分か過ぎた頃3人が登場。

まずは浜崎貴司さんお独りで。

「ええっと、ここからは必要以上の拍手と声援をお願いします!!!」

 

その後おふたりを呼び込みはじまります!!

 

1.ガチのテーマ(3人)

名曲でしかなかった。はじまりを告げる曲。

はーまちゃんっ。りょーうたくんっ 。そーうちゃんっ 。微笑ましい。

 

2.さわって・変わって/スピッツ(3人)

何となく予想はしてましたが、、

浜崎さん「天神という歌詞が入った曲。スピッツ!」

総くん「スピッツだいすきー!!スピッツだいすきー!!」

浜崎さん「(きいてない)スピッツ、キーが高い!ふざけんな草野!w‥‥さわって・変わって」

 

これ前日に総くんがカバーしてましたね。

また聴けることが嬉しいなあと思ってました。

 

藤巻さん「天神駅の改札口で君のよれた笑顔〜」

なんですか、このご褒美は。

あんな優しい声で歌われたらちょっと、、本当感激した。

総くんの「しのびよってくる心地〜」の「よって」の歌い方が好きです。

 

藤巻亮太さんのソロ

 

3.3月9日

GACHIの練習のために会場近くのカラオケにギター持っていったらしい。そのお店に入ったら「粉雪」がかかっていてすこし恥ずかしかったそうで(笑)そして案内された部屋はなんと39号室。強運が過ぎる。

「秋に向かってますけど‥‥春の曲をやります。」何度聴いても、やっぱり大好きな曲です。新しいアルバムのホーンアレンジも最高でしたね。

 

4.北極星

この曲ができるまでのプロセスや思いを話してくれました。これはリリースインタビューで沢山語ってるので気になる方はネットで見てください。ちょっと日が落ちたこの時間に聴くと沁みるものがありました。

このアルバムが本当にいいアルバムで。

ずっと聴いていたい。そんなアルバムです。

 

 

5.南風(with浜崎貴司さん)

レミオロメンを組む前、啓介さんは浜崎貴司さんのバンドでベースを弾いていたそうで。そういえば聞いたことあるな、「この人だったのか!」と結びつきました。遅い(笑)

キャバクラ奢るとか奢らないとかそういう話してました(笑)

レミオロメンのカバーをします。爽やかな曲」

いや、久しぶりに聴いたよね南風。

途中歌詞をすっ飛ばした浜崎さんをスッとフォローする亮太さん。素敵でした。

浜崎さんの歌う「南風」また違う魅力に溢れていて大人の男の人って凄いなと思いました。(?)

 

山内総一郎さんのソロ

昨日ぶりですね。なんの曲やるのかなぁ。

呼ばれて舞台袖から出てくるときお茶目すぎて可愛かったです。

 

6.カンヌの休日

あっ昨日のクソかっこいいギターじゃん!

ということは??来る??来る??とテンションがあがる。もちろんドヤ顔で「失われた週末〜」。最高。昨日よりかっこよく見えた。

サビのいぇっえっえいっとかいうの昨日も思ったけど妖艶すぎて。どこでそんな技身につけてきたの?

そういえば今日は「天神の素敵な音楽祭〜♪」でした。最高。大好き。

 

7.虹

週末だからやるかなあと思ったらやってくれた!途中歌詞を間違えたのは聴き逃しませんでしたからね!「かーふふん潰して」とか言ったでしょ!(笑)途中のギターソロはどちゃくそかっこよかったです。本当。アコギであんなに魅せられるの、彼くらいしかいないと思ってます。ラスサビで「福岡ァ!」と叫んだ後のお客さんの「遠く彼方へ鳴らしてみたい 響け!世界が揺れる」の合唱を聴いて総くんご満悦の最強キラキラスマイルいただきました。ありがとう。めっちゃ嬉しそうでした。

 

ここでのハイライトは

最後ジャンッ!ってかっこよく決めるはずがマイクスタンドに膝をぶつけた事ですね。そういう決まらないところ好きです。

 

8.若者のすべて(with浜崎貴司さん)

秋も深まる頃ですがこの曲を今の時期に聴けてよかったなと思います。

浜崎貴司さんのお声、ちょっと民生さんぽさあって、聴き心地がよかったです。

やっぱりこの曲を聴かないと夏が終わった感じがしないですね。本当に嬉しかった。

 

浜崎貴司さんのソロ

 

9.ウィスキーがお好きでしょ

ウィスキーのCMソング。

今年はEXILEATSUSHIさん(かな)に変わっていて「好きな女の子取られたみたいな気持ちになった」と(笑)

いやあ〜〜生のウィスキーがお好きでしょは圧巻でしたよ。最高です。わたしはウィスキー飲めませんけどね‥‥。

 

10.幸せであるように

若干かじる程度で予習していった意味はありました。この曲、とてもいい曲ですね。

とてもじゃないけれど、どういう言葉で言い表していいのかが分からない。

切ないだとか悲しいだとか、そんなありふれた言葉じゃだめだ、と思う。

 

11.ゴールデンタイム

こちらもとても素敵な曲でした。

「迷う時でさえ いつか朝が近付き

目を開けながら 夢を見続けてる」

という歌詞がとても印象的でした。

 

私、浜崎貴司さんの曲やけに耳馴染みがあるなあとぼんやり考えていたのですが、そういえば母親が昔ファンでした。私の音楽の好みというものは母親の強い遺伝を引き継いでいるのでしょうか。好きなアーティストのルーツを探れば母親が昔好きだった音楽に結びつくことがとても多いです。(笑)

 

 

再び3人がステージに集結しました。

12.デイ・ドリーム・ビリーバー/忌野清志郎(3人)

まさか聴けるだなんて思わなかったので胸熱でした。

「ケンカしたり〜♪」で途中誰も歌わなくなり

演奏がストップ(笑)誰のパートか分からなくなったそうで‥‥

 

浜崎さん「ここ俺じゃないもん!!(大声)」

総くん「えっ俺ですか???えっ??」

亮太さん「これは〜総ちゃんじゃない?笑」

総くん「ええ〜!!??」

浜崎さん「だって俺じゃないよ!!!(笑)」

総くん「ええー?じゃあここ俺なんですか〜(´・ω・`)」

亮太さん(超優しい笑顔で)「ごめんね俺自分のところしかメモってないからわかんない(笑)

 

 

結果、総くんが悪い(笑)ということで仕切り直しになりました。笑いました。

 

 

13.日曜日よりの使者/THE HIGH-LOWS(3人)

これはもうめちゃくちゃ楽しいの一言!!

「君は君こそは〜」で亮太さんがお客さんたちを指さしていたのがとても印象的でした。

シャララ〜と歌う時は総くんめっちゃ楽しそうで終始ニッコニコ。ここ、ギタリスト山内総一郎を惜しみなく発揮していました!!

 

 

14.ガチのテーマ(3人)

最初とはすこし歌詞が変わってました!

楽しかったことがものすごく伝わりこちらも、もっと楽しくなりました!

亮太さん「は〜まちゃんっ気分はどうだいっ」

浜崎さん「りょ〜うたくんっギンギラギンにさりげなくだよっ」

総くん「は〜まちゃんっそれ。全然さりげなくじゃないじゃないですか!」

 

みたいなやりとりが面白かった。笑

 

アンコールの話。

浜崎さん「俺らみんなバンドマンなんだよね。レミオロメンと」

亮太さん「休止中ですけどね笑」

浜崎さん「フジファブリックと、僕はフライングキッズ。この3人がバンド組むとしたら‥‥フライングフジファブ‥‥オロメン?」

総くん「それは‥‥どうなんですか?笑」

亮太さん「三本の矢的な」

総くん「サンフレッチェ??」←なんでそこでサンフレッチェ出てきたんや。

亮太さん「いや違うよ(即答)それ広島だから」

浜崎さんは下ネタを発してましたね(笑)

 

 

総くんのアホさ加減をバッサリ切る亮太さんは本当に面白かった。いいコンビだ。

 

 

 

 

En1.DOWN TOWN/シュガー・ベイブ(3人)

土曜日の夜だからね!とこの曲を。

「天神へ繰り出そう〜♪」は粋すぎたし普通に涙でそうになってしまった。

てんちか辺りでずっとこれ流していてほしい。

故郷が福岡な訳では無いけれど、福岡に住んでいてよかったと思いました。

この曲の総くんのギターも最強にかっこよかったですね!

 

En2.勝手にしやがれ/沢田研二(3人)

昔、奥田民生さん、寺岡呼人さん、TRICERATOPS和田唱さん、Mr.Children桜井和寿さん、フジファブリック志村正彦さんの5人で、スタッフさんに雑に被せられていく帽子をとって投げながら歌う、みたいな動画を見たことがありまして‥‥こういうイベントでカバーされること、少し期待していたんですよね‥‥(笑)いやあ嬉しさのあまり叫びかけましたよ。3人の声がいい感じにユニゾンしていて心地がよかったです。

 

最後軽やかな退場SEが流れる中

なにやらはしゃぐ3人。

途中でEXILEのChooChooTRAINのあの有名なところを始めるけどみんな出来てないし(笑)総くんにいたってはうろたえすぎだしで笑いました。そのあとおそらく三代目J Soul Brothersのあの有名な曲の踊りをやったと思うんですけど、出来てなさすぎて本当にそれだったかは謎です(笑)こんなこと言っておいて違ったらすみません‥‥笑

 

 

こうして私の夏は本当の意味で終わりました。

締めくくりが大好きな人たちで本当によかった!また来年もMCT来たいな!

 

f:id:fujiusg:20170924002658j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山内総一郎ソロライブ"Mellow"@福岡

※こちらは山内総一郎"Mellow"ネタバレを含む可能性があるのでご注意ください!

 

 

 

 

 

 

 

フジファブリックの山内総一郎さんが

「自分の歌いたい曲をゆっくり歌いたい」と今回、福岡・大阪でソロライブを開催。

 

f:id:fujiusg:20170923111729j:image

 

 

正直ソロ一郎さんが福岡に来るなんてずっと先だと思っていたものでお知らせを見たとき三度見しました。

 

f:id:fujiusg:20170923091510j:image

 

福岡Gate's7

ゲイツビルの7階にあるからGate's7

普段からおそらく「弾き語り」や「アコースティック」メインにしている所なんだろうなと思います。オシャレ。

中に入ると椅子席、そしてボックス席が。

 

運良くキャパ150の激戦に勝利し、なかなかにいい番号を手に入れ前から5列目、センターの席に。お酒とか合いそうだと思いましたがすきっ腹に酒は危険だと察したので大人しくオレンジジュース。

f:id:fujiusg:20170923091914j:image

 

いつもプラスチックコップで飲むドリンクがグラスに入っているこの新鮮さ。

 

総くんが選曲した会場内に流れる洋楽をBGMにオレンジジュースを飲み干しドキドキすること25分ほど。

 

暗転したあとSEなどはなしに「あっどーもー」とハニカミながら総くん登場。

 

「なんかいつもとちがーう!」

とさっそくいつもの総くんが出現。

こっちも「なんかいつもとちがーう!」と思ってましたけどやっぱ本人もそう感じますよね。

 

 

 

1.PRAYER

ポラリス」のカップリング曲。

総くんの優しい歌声が印象的でした。

はじめて生で聴いた(と思う)のですが

一気に好きになりました。

 

2.カタチ

最近お気に入りの一曲。「聴けたらいいなー」なんて思っていたらやってくれた。嬉しい!

ここでバズドラの音がドンッドンッとしていることに気付きました。

 

「今日のバンドメンバー!バズドラくんです!!!!」

 

そういえばこのバスドラム

7月のスタンドアローンから使ってるとかなんとか風の噂で聞きました。藤巻亮ちゃんの影響で。

 

3.カンヌの休日

カッコイイギターのアレンジから入って

あ〜この曲カッコイイななんのアレンジだろうかと思っていたらドヤ顔で「失われた〜週末〜」その瞬間会場がどよめく。

カンヌの休日はフジファブリック節全開でありカッコイイ曲だけどまさかこんなアレンジをするとは。ギタリスト山内総一郎のすごさを見た。会場の反応を見て嬉しそうにしてました。

 

「嬉しい!うけた〜!めっちゃ嬉しい!‥‥こういうことか民生さぁぁぁん!」

 

このアレンジの反応が心配だったようで安堵した様子でした。

 

これはカッコイイのでぜひ全国でもやって欲しい。

 

4.君は炎天下

「久しぶりの曲を」といってましたが本当に久しぶりでした。バズドラが楽しそうにダンッダンッドンドンッしていたのが印象的。

歌詞を一部すっ飛ばし笑いながら「ふにゃふにゃ〜」みたいに誤魔化してました。笑

 

「福岡は福岡ならではのライブを」

と以前ゆるいかで言っていたのでもしかして椎名林檎さんやスピッツをカバーするのでは?と思ってました。いやむしろ私が勝手に聴きたかっただけなんですけど。

 

5.同じ夜(椎名林檎

「この曲難しい〜〜」と言いつつ頑張って歌ってました。サビの部分のファルセットがとても綺麗でした。この曲を歌うこと、すごい緊張していたんだろうな。と思いました。

「大好きな曲だけど、いざ歌うとなるとうまく歌えない」と言っておりました。

 

6.さわって・変わって(スピッツ

「次も福岡の方のカバーです。あれ、1人かな、草野さんだけかな」

この言葉だけでスピッツと察したけど何歌うのかなと思っていたら。

天神駅の改札口で君のよれた笑顔」

選曲が粋!!!つい数時間前に天神駅の改札を通ったのでなんか勝手に嬉しくなってました。

「やっぱりいい曲だなあ。みんな知ってる?このアルバム本当名盤で」とスピッツへの愛をすこし語ったあたりで

 

「そうやった‥‥今日は一人やった‥‥‥‥

おらーん!もじゃもじゃ(ダイちゃん)と帽子(かとをさん)がおらーん!!!涙」

 

例えが酷すぎるよ総くん、、

事実だけどちょっと(笑)

 

「そういえば明日(9/23)も天神でやるんですよ!浜崎貴司さんと‥‥藤巻亮ちゃんと!!もしかしたら、今日うけが良かったカバー明日やっちゃう気がする!!」

 

総くんの「亮ちゃん」呼びいただきましたありがとうございます〜〜。

ひとりで勝手にニヤニヤおさまらなくてニヤニヤしてました。変人です。すみません。

 

高校時代の話をすこししてました。

スポーツ進学校で先生方に見向きもされなくて

毎日教室のせまいベランダに置いてある傘立てに座ってギター弾いていて、とある日にめっちゃ怖い先生に「おまえいつもホウキみたいなの持ってきてるだろ」と言われて、怖いからギターとは訂正出来なくて(笑)

 

「おまえ将来それでやっていくつもりなら文化祭の合唱のあとそれでなんかやれ」

といわれ咄嗟に「は?」と思ったこと。

当時歌ってなんていないから何やればいいか分からなかったことを話しておりました。

 

結局SMAPの「夜空ノムコウ」をワンフレーズ弾き語って許してもらったとか。

 

この流れで「今日はそれ以来です」とかいうからやると思ったらやりませんでした←

でもちょっとだけ歌ってくれましたよ!

「夜空の〜」の歌詞は飛ばしましたけど(笑)

総くんの肝心なところでヘマするところ好きだよ。

 

7.I will(ビートルズ

「普段あまり歌わないけど」という通り

総くんの洋楽カバーは新鮮でした。

でも心地よくて、もっと聴いていたいと思った。英語の発音に自信がなかったのか「英語に詳しい人おったらやめようと思ってた」と。笑

でも本当によかったからまたやって欲しい。

「親父がビートルズコピーバンドやってて、ドラムパットを朝6時くらいから叩いててうるさかった。でもそのおかげでビートルズ知れたし、ギターもしれたから‥‥」と昔話をしてくれました。

 

8.ブルー

念願だった弾き語りのブルー。

この曲大好きなんでめっちゃ嬉しかったです。

総くんの声量がすごかった。

でも優しく語りかけるような、そんな歌い方。

 

「志村くんのことがあって、僕が歌うと決意して、メンバーにそのことを伝えたらどーぞどーぞって言われたんですよ!」

 

メンバーに伝えてダメダメ!と言われたらどうしよう。ダイちゃんとか「俺が歌う!」とか言いそうじゃん。

僕が作って歌ってきたバンドじゃないから。「はいそうですか」と簡単にはいかないこと。

それでもスタッフさんやレーベルの人たちが「やろうよ!」と言ってくれたこと、

見に来ているお客さん。

 

いろんな人の支えがあってフジファブリックを続けられるんだと言ってました。

 

 

加入したてのライブのギターソロで前にでて弾いたらマジトーンで「そういう‥‥前に出るバンドじゃないから‥‥」と言われて次の日出ないように注意してたら志村くんが前に出て「アイツー!!」ってなったというエピソードを話してくれました。総くん、あれだよ、志村くんの好みの女の子が前にいたんだと思うよ。。笑

 

9.ECHO

その話の流れで「僕が歌おうと決めたときの曲」といっていたのでおそらくこの曲だと思ってはいたけれど、もう二度と聴けないと思っていたのでまた聴けて嬉しかったです。

未だにこの曲を聴くと「志村くんのいるフジファブリック」を1度も生で見なかったことへの後悔が押し寄せてきて辛くなるところもあるのですが、フロントマンになって六年後の総くんが歌うこの曲は頼もしくなったな、と感じました。あの頃は悲しさから泣いていたけれど、今日はまた違った感情で涙しました。悲しさじゃない。

 

 

「君はここにいないよ」

志村くんの姿はここにはないけれど

フジファブリックの音楽の中にはまだ生きていて、歌う総くんの表情がたまに志村くんに見えてしまって。2人で歌っているんだな、と感じました。

 

 

10.LIFE

「新生フジファブリックを象徴する曲」

だと思ってます。

ギタージャンボリーで弾き語りverを何度も再生していたので「スキャットくるか否か」でわたしの脳内90%ほど占拠しておりました。

やってくれましたスキャット

毎回「疲れる!」とか言いながらやってくれるの好きです。

 

11.ダイナマイト(SMAP

「大好きな曲カバーします!」

えぐいくらいカッコイイギターでした。

そして楽しそうだった。

わたしが唯一通ったジャニーズがSMAPだったのもあって歓喜

総くんがSMAP好きなことは風の噂で知っていたのでこれは念願でした。

 

12.バタアシparty Night

バタアシきたー!という頭の悪そうな感想が先に来ました。バタアシと言えばダイちゃんのシンセが特徴的なのですが総くんのギター最強にかっこよかったです。

オーオーオオオオのコーラスも一人でやってました。「もう!疲れるっ!!!」

 

13.夢見るルーザー

こちらも念願中の念願。だいっっすき。

ストラトで弾くのが印象的なこの曲をアコギで表現するのはとても新鮮でした。

この曲で前に出てきて楽しそうに弾いてました。途中でアンプからシールド外れるというハプニングもありましたが(笑)颯爽とかけつけたスタッフさんに助けられてました!

 

 

そういえば今日福岡に来ているのは総くんだけで他のメンバーどうしているのかなぁと本番前に電話をしたそうで(彼女か!)

 

ダイちゃん:すごい雨なのでお家にいます。

FABch潜入レポートをお客さん目線でみています。むっちゃん万十(福岡名物です。)が羨ましい。ふぁぶちゃん(フジのキャラクター)が福岡出張なのになぜ僕は行けないのでしょう。不満に思っています。

 

大好きすぎか!

そういえばソロ一郎のとき高確率でダイちゃんいるもんね(笑)大好きすぎか!!

 

かとをさん:すごい雨なのでお家にいます。雨が上がった隙に借りてきた漫画をいま読み終えたところです。

 

BOBOさん:今日はオフなのでお家にいます。これから晩御飯のステーキを焼きます。

 

「うちのメンバー、雨とか降るとすぐお家に引き篭もっちゃうんですよ!!!ダイちゃんとか、ねえ、一緒に来ればよかったのに!」

 

いやだから大好きかって。

ソロなのにメンバー愛が炸裂していてそういうのすごい好きと思いました。

 

 

 

 

En1.STAR

めっちゃ久しぶりに聴いた。

この曲のギター好きなんですよね‥‥。

そして私がはじめて「生のフジファブリック

を見た日のことを思い出しました。

 

 

En2.sing

大好きな曲のひとつ。

 

「君をおもい 僕は歌う ラララってね 」

 

そう優しく歌って、笑顔でステージを後にしました。終始メンバーがいないことへの不安、でも自分の好きな曲を好きなように、好きなだけ歌えることへの嬉しさ。

 

総くんの「音楽が大好きで仕方ない!」という気持ちをギターと歌で全身に浴びました。

 

本当に行けてよかった。

「またやります!」と宣言してくれたので

今度はもう少し大きな会場でお願いします!笑

 

 

 

 

 

希望の色は空色。

突然告げられた「活動休止します。」という言葉にあれほど泣いたことはない。

 

それが2012年2月1日。

 

2006年12月9日。

母親に連れていかれたとあるバンドのライブで私ははじめて音楽の良さを知る。当時14歳。

それまでの私は趣味というものがなく、ただ生きてる、いや、生かされている、そんな日々を過ごしていた。

 

ステージが暗転し、音が鳴り出したその瞬間にはもう引き込まれていたこと、はじめて聴いたはずの曲を帰りには口ずさんでいたことを今でも思い出せる。

 

レミオロメンというバンド。

 

それからはCDを買い漁り、母親にCDウォークマンを借りて鬼のようにパワープレイしていた。

 

高校にあがり、バイトを始めて自分で稼いだお金を使ってCDを買ってライブに行くようになった。

当時の私の口癖といえば「このバンド以外に好きになれる音楽がない」今思えば中二病みたいですね。若いね。

実際はレミオと出会って2年後には「新しい音楽を知りたい!」と手当り次第聴いてました。バンドばかりだったけど。

 

 

2011年「花鳥風月ツアー」は47都道府県でのライブで、それまでの彼らを見ていて「このツアーが終わったら活動休止とかするんじゃないか」と薄々感じてはビクビクしてました。

実際そうなってしまい、なんとなく分かっていたことといえあまりにもショックでした。

 

藤巻さんがソロになり、それでもやっぱり藤巻さんの作る曲が好きで、ソロもずっと聴いてライブも行ってたのですが、やっぱりどうしても「治さんのドラムと啓介さんのベースじゃなきゃ」と思いしばらく聴くことも、ライブに行くのもやめてしまった。

 

その頃から急激にライブへ行くようになった。

ニゾンNICOフジファブリック‥‥など。

今も大好きなバンドですね。

 

とある日久々にウォークマンをシャッフルにしていたときにレミオロメンの曲が流れて来て、妙に安心してしまって。

ああ、私はやっぱり好きなんだな。と思いまたソロの曲を聴き、ライブにもちょいちょい行くように。

 

 

今年の7月にフジファブリックの山内総一郎さんとのツーマンが発表されて当然行く気満々でいました。チケットがご用意されなかったので行けませんでしたが‥‥。

正直かなり凹んだのですが来月リベンジを果たせることに。しかも福岡で。しかもフリーライブ!そして濱田貴司さんもいる!

これはとても嬉しいので全身全霊で音楽を楽しんできます。

 

 

話を戻すと2012年2月1日に活動休止をした日から5年と7ヶ月。藤巻さんの新アルバムに治さんと啓介さんが参加されている!というお知らせが耳に入ってきて、嬉しいやら泣きそうやらいてもたってもいられなくて書いてみました。

 

 

完全復活、、、はすぐに、とはならないだろうけど大きな大きな1歩だ。

 

 

 

 

 

NUMBER SHOT2017

7/1にmusicるfesは行ったものの、個人的にはNUMBER SHOTが夏のはじまり。

 

7/23NUMBER SHOT2017に行ってまいりました!

 

f:id:fujiusg:20170724094953j:image

 

 

去年も行ったので二年連続!

今年は2日通しをしたかったのですが

1日目に錚々たるメンバーが集まりすぎ故にチケットをとることが出来ず‥‥。

 

 

2日目もかなり豪華だったんですけどね!!

 

今年はいつもの「山笠ステージ」「どんたくステージ」に加え、新しく「のぼせもんステージ」が出来ておりました。新ステージに行くことはほぼなかったのですが‥‥見たいアーティストさんは沢山いた‥‥。

 

 

OAを聴きながら物販へ。

もちろんお目当て、NICO Touches the Wallsの新作グッズですね。春ツアーあたりから少しおしゃれになりましたね。

ビックシルエットTとボディーミストを。

f:id:fujiusg:20170724095511j:image

 

ううむ、香りはレモングラス

嫌いじゃない。

 

 

BLUE ENCOUNT

去年振り!今年は二日目のトップバッター!

リハから本気モード。そういうの好きだよ。

あまり曲を聴き込めてはいなかったのだが知ってる曲ばかりでした◎

意外にもNUMBER SHOTで「もっと光を」をやっていなかったのね。いつもよりもっと格段に響いた。九州に彼らのようなバンドが居てくれることは本当に嬉しいね。

 

*セットリスト

1.LAST HERO
2.ルーキールーキー
3.Save
4.DAY×DAY
5.もっと光を
6.NEVER ENDING STORY

 

☆Nulbarich

初めて見ました!無知ゆえに存じ上げておりませんでした。ごめんなさい。

系統的にはSuchmosに近い感じなのかなという印象を受けましたが、いや、そんなことよりすごくカッコイイ。身体が勝手に揺れる音楽、とはこういうものだと感じました。

その音楽にただただ聴き入っていた。

ただ楽しいだけじゃない、こういう「聴かせるライブ」をずっと見てみたかった。

 

*セットリスト

1.Fallin’
2.It’s Who We Are
3.Lipstick
4.NEW ERA
5.Follow Me

 

☆sumika

私の好きなバンドのファンの人たち

(主にNICOとユニゾン)が口を揃えて「好きだ」というバンド。

あー、私も好きなんだろうな。と思っていて

なかなか手を伸ばせなかったバンド。

それでも気になる、うーん、音源聴かずに最初は生の音を堪能してみよう!と思いまして、楽しみにしていたバンド。

 

 

リハでユニゾンの曲をやっていた!

なーんて情報は時々耳にしておりました。

 

そのリハで「この魂が〜〜」と歌い出す片岡さん。歓喜するNICOファンのわたし。

実に爽やかな手をたたけでした。本当にありがとうございました。

 

リハでも本編でも感じたのは

sumikaの音楽には多幸感が溢れているということ。聴いていて幸せな気分になりました。

もっとこの人たちの曲を聴いてみたい。

うーん、やっぱり好きだったじゃないか。わたし。

 

 *セットリスト

1.Answer
2.Lovers
3.ソーダ
4.カルチャーショッカー
5.ふっかつのじゅもん
6.「伝言歌」

 

ソーダ という曲がどちゃくそ好みでした。

その後片岡さんが、85年生まれと知り

この世代黄金期すぎる‥‥と改めて感じました。

 

 

フレデリック

去年仕事で間に合わずに見れなかったRockDaze!Xmas specialのリベンジ果たしました。ようやく見れました。

好きな曲が多くてめっちゃ楽しかった!

オドループの時に「踊ってない福岡知らない!」「踊ってない福岡気に入らない!」のコールレスポンス、楽しかった!

我を忘れて踊ってました。

やっぱりまたライブを見てみたいバンド。

 

*セットリスト

1.KITAKU BEATS
2.オワラセナイト
3.まちがいさがしの国
4.オドループ
5.オンリーワンダー
6.かなしいうれしい

 

 

 

リハの間にのぼせもんステージから聴こえるSHE'Sの音漏れ。おい、好きな曲しかやってねえぞ!と思ってました。実際に聴こえてないときも好きな曲しかなく、心と身体を二つに分けたかった。。。

 

 

NICO Touches the Walls(with浅野くん)

 

海の中道NICOを見るのは2012年ハイヤーグラウンドぶり。またここでNICOを見ることが出来る。それが何よりも嬉しかった。

高校時代からずっと好きだったバンドを4年越しにはじめて見た海の中道のステージは私にとっては思い出の深い場所。

 

いつも通りNICO出てきた瞬間にカンカン照り(笑)いつも晴れを連れてくるね。

 

光村さん、本編で出てきた時の開口一番「日差し強くなってきた、、、」

 

 

 

リハーサルから

GUERNICAを持ってくる所好きだよ。

この曲の何が好きって最近は浅野くんのバイオリン。終盤になるにつれて狂気的になるのであれはぜひ本編で‥‥とは思ったけれど持ち時間的に厳しいな。

 

 

「バイシクル」がはじまると座っていた人がみんな立ち上がって飛び跳ねたり腕を降ったりしていた!楽しい!

 

 

 

バンジーも楽しかった!!

久しぶりのローハイドが嬉しかった!

ローハイドの「きみと毎日乾杯しよう」が

「きみと!まぁ↑いにち!」っていう歌い方。

これ、死ぬほど好きだから思わずガッツポーズしました。

 

手をたたけのときは会場中が手をたたいて笑顔だったのが印象に残りました◎

やっぱりこの曲はライブで聴くのが一番好きだ。

 

 

夏の大三角形」。

最初のアレンジが激好みでした。

エトランジェのライブverやDiverのライブアレンジに近いような、そんなゆったりとした音。

そこからドラムの音が来てイントロに入る。

これがたまらなかった。

 

この曲の時に心地よい風が吹いていたのも良かった。

 

2番の「すべてが変わるなんて」の「すべて↑が」がさいっっこうに好き。

 

 

どうしたって真夏の空の下で大三角形聴きたかったので。久しぶりに聴けて嬉しかった。

 

天地ガエシ」はやっぱここは浅野くん!!!って感じ。間奏部分の光村さんの謎の足上げ(?)を久しぶりに見た気がします。

 

 

 

*セットリスト

 

リハ

GUERNICA(ワンコーラス)

バイシクル(ワンコーラス)

本編

1.THE BUNGY

2.ローハイド

3.手をたたけ

4.夏の大三角形

5.天地ガエシ

 

 

その後はのぼせもんステージの

ぼくりりくんとチャラン・ポ・ランタン、山笠ステージの10-FEET、どんたくステージのクロマニヨンズをBGMにかき氷を食べたりご飯食べたり。

 

 

 

クロマニヨンズさんかっこよかったなぁ。

 

 

ユニコーン

 

私のNUMBER SHOTの締めバンド。

去年NICO Touches the Wallsとのツーマンで奥田民生さんは見たけれど念願のユニコーン

めっちゃ楽しみにしてました。

 

「うわあ!ユニコーンだ!本物だ!」

なんてアホみたいなこと言ってはしゃいでました。好きなバンドをはじめて見る時の私はだいたいこうなる。

 

 

1番最初から大大大好きな「ひまわり」が来てうろたえました。割と本気で。

 

 

大迷惑のイントロがはじまった瞬間に

どよめく会場。まわりのひとみんな立ち上がって踊って「大迷惑!!」の大合唱。圧巻。

 

 

疲れ果てたユニコーンおじさんたち。

終わったあと息切れしまくってて「疲れた!」とか言っちゃう。そういうの大好き。笑

 

「最後の曲〜」って。

えっ、体感時間10秒くらいだよ!?

って思ったのもつかの間、イントロで大崩壊。

 

一番好きと言っても過言ではないであろう

「開店休業」。

 

この曲はフジファブリックがカバーしていたことがあるのでより思い入れが強い。

民生さんに憧れていた志村さんが歌っていたその曲を本人が歌っている。声が似ている。心地いい風が吹いている。たまらない。

 

「こんな日には2人でそうね、海の中道にでも」

 

大好きです、ユニコーン

 

*セットリスト

1.ひまわり
2.BLACKTIGER
3.SAMURAI 5(かきまZ)
4.大迷惑
5.開店休業

 

 

f:id:fujiusg:20170724110400j:image

 

 

また来年も来たいなNUMBER SHOT!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らの勝利

2017.07.01 musicるFes!〜Summer Edition〜

@ZeppTokyo

 

 

2日間で東京のZeppを制覇するとは思いませんでした。笑

フジフレンドパークの次の日、福岡に帰るかフジフレンドパーク2daysするかと悩んでいた矢先に

 

「musicるfesに追加アクトとしてNICO Touches the Walls!」と発表され

 

あ、はい、行きます行きます!と安定の軽率さを発揮しました。去年から軽率さがすぎる。

 

 

f:id:fujiusg:20170706172003j:image

 

 

前日も思ったけれど東京のZeppは広いですね。

 

f:id:fujiusg:20170707110527j:image

 

入ってすぐの所に各アーティストさんのサイン。色んな諸事情ございましてNICOしかとれてません。

 

 

前の方に行けばモッシュやダイブで潰されそうだったので後ろの方で。

どこの箱もそうなんだけど最近PA卓付近で見るのが好きだったりする。

 

 

開場から30分後

オープニングアクトのGIRLFRIENDさんが登場。若い女の子達なんですけど、めちゃくちゃかっこよかった。声量もあり、勢いのある音。若さならではのパワーもありました。

こういう子達を見ると私も高校生の頃バンド組んでみたかったなぁと思う。

 

 

ヤバイTシャツ屋さん

「寿司くん」で既に出会っていたとはつゆしらず。有名になり始めた頃「あつまれ!パーティーピーポー」を聴いたのをきっかけに知りました。そのまま数曲だけしってる、みたいな状態。来月のSky Jamboreeではじめて見る予定をしていたのですが、musicるfesが初になりました。楽しかった。

失礼な話、音源だけを聴いているときはあまり好きにはなれなかったのですがライブ見て少し印象が変わりました。

 

 

▼セットリスト

1.Tank-top of the world

2.ウェイウェイ大学生

3.喜志駅周辺なんもない

4.ネコ飼いたい

5.無線LANばり便利

6.ヤバみ

7.あつまれ!パーティーピーポー

 

 

▽転換中のエピソード

転換中、MCヒャダインさんと各アーティストとのクロストーク

最初に登場したのはキュウソネコカミNICO Touches the Walls。

 

キュウソさんの破天荒すぎるエピソード、

さすが関西のバンドだなぁと思いました。

NICOさん、ひたすらにギタリスト古村さんがド天然を晒す。演奏してるときはあんなにかっこいいのに。

ヒャダインさんが各アーティストさんに作って欲しい曲の話でNICOは「B型とAB型」。

 

ヒャダインさん「NICOさんはB型とAB型しかいないみたいなんですけど普段どんな感じなんですか?」

 

古村「僕達のバンドはですね。B型とAB型しか実はいないんですよ(真顔)」

 

会場「????????」

 

やはり健在。ド天然古村先生。

 

☆GLIM SPANKY

「褒めろよ」という曲で衝撃を受けたのはいつだったか。覚えてはいない。

心に声が、音がまっすぐ突き刺さってきた。

かっこいい。とにかくかっこ良かった。

それ以外の言葉で言い表すことが出来ない語彙力のなさを恨むほどだ。

数曲だけしか知らなかったけれど、もっと深く知っていきたいと思った。

ボーカルの松尾さんが「ヤバイTシャツ屋さん さん」とずっと言っていて律儀な方だなと思いました。ギターの方は「ヤバイさん」と謎の略し方をしていて笑いました。

 

「美しい棘」、以前職場の有線で流れていてかっこいいなぁと思っていたので聴けて良かった。

 

▼セットリスト

1.アイスタンドアローン

2.怒りをくれよ

3.闇に目を凝らせば

4.美しい棘

5.ワイルド・サイドを行け

 

キュウソネコカミ

 

念願!やっと見れる!

「ファントムバイブレーション」で知って以来曲を聴き漁ってはいるけれどなかなかライブに行けなかったバンド。色んな人から「キュウソのライブはマジで楽しいよ!」と聞いていたので楽しみにしてました。

「家」を二回連続でやったのには笑いました。

 

MCでNICOの話をしてました。

セイヤさん「ニコタッチじゃなくてニコタッチズやからな!俺この前間違えてニコタッチとかいったのそのまま流れて以来敏感やからな!!!!この前ツイッターでマネージャーがニコタッチとか書いてて、タッチじゃねえ!!ってめっちゃ焦って9分後にツイートしなおしました!!!!」

 

ヨコタさん(?)「光村さんはNICOって呼んで欲しいらしい」

 

セイヤさん「じゃあなんでそんな長い名前にしてん」

 

ヨコタさん(?)「そこは触れんでええやろ!」

 

めっちゃ必死に言ってて笑ってしまった。

 

新曲の「NO MORE劣化実写化」

あ〜これ分かる、めっちゃ分かる!!!という歌詞。最近劣化実写化多いですからね。

無論、「これちゃんと原作読んでんの?」や無理な起承転結、謎の設定、ストーリーが180度くらい変わってる‥‥

キュウソなら言ってくれると思った。やってくれた。大好きだ。

 

DQNになりたい、40代で死にたい」で雲斗筋登場。NICOメンバーのリクエストらしい。笑

セイヤさんが客席の真ん中に向けて人の上を歩いていく。

 

「あ、これが噂の」という感覚で見てた。

生で見れたことに少し感動した。

「ヤンキー怖い」のコールアンドレスポンスは楽しかった。

キュウソも次はSky Jamboreeで見る予定なのでこちらも楽しみだ。

 

▼セットリスト 

1.サギグラファー

2.ファントムバイブレーション

3.NO MORE劣化実写化

4.家

5.家

6.DQNになりたい、40代で死にたい

7.ビビった

 

 

▽GLIM SPANKYとヤバイTシャツ屋さんのクロストーク

 

とにかくグダグダ。

ヤバTのこやまさんからGLIM SPANKYさんへの質問「おむすび って言いますか?それともおにぎり?」

 

いやなんでそんなこと聞くんや!!と思った。

そんな質問にもちゃんと答えるGLIM SPANKYさん。いい人だ。

 

NICO Touches the Walls

今回最大のお目当て。

夏フェスだから久しぶりに夏の大三角形聴けるかもとワクワク。

 

ステージ上にキーボードが置いてあることに気付いて「あ、今日浅野くんいる!!??」と勝手にテンションがあがる。いや、もはや「浅野くん!浅野くんがいる!」となっていた。

 

各アーティストさんの登場のとき、

代表曲が数曲流れてました。

NICOは「手をたたけ」「夏の大三角形」「マシ・マシ」。全部やると確信を持ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、全部やりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1曲目、唐突に「B.C.G」が始まったときは

5秒くらいフリーズして、その後声にならない叫びをあげてしまった。どこかのフェスでもやってた気はするけれど。春ツアー熊本公演、

「チェインリアクション」かと思ったら「B.C.G」だった案件を思い出しました。

なるほど、いきなり攻めてくるな。

この曲の何が好きかって坂倉さんのベース。

 

その後そのまま七拍子に。

七拍子‥‥七拍子!?と困惑していたらまさかの「ストロベリーガール」。

正直絶対持ってこないと思っていたので本当にびっくりした。この曲、去年12/25のRockDaze!でも聴いたなぁ。

 

「なんちゃって」の歌い方がすっごいクールでかっこよかったね。

 

 

光村「やりたい放題やるんで好き勝手楽しんで。」

 

 

と一言クールに言ったあと

聞き覚えのあるギターフレーズ。

 

 

 

3曲目「GUERNICA」

正直「まじか‥‥」と思った。

まわりのNICOファンの反応も「ゲルニカ‥‥」みたいな感じで一気に息を飲んでいたであろう空気感。

持ち時間各バンド25分のセットに11分もある曲入れてくるとは。

 

 

musicるFESの意気込みVTRみたいなので

「30代の格の違いを見せれたら」みたいなこと言ってたけど見せつけすぎだ。

他のバンドのファンはこの曲をどのように聴いていたのかが気になる。

 

春ツアーでこの曲が定番に入っていたことですら驚いていたし、このツアー終わったらしばらく聴けないだろうと思っていたので口をあんぐりさせて聴いていた。

この曲の浅野くんのバイオリンが狂気すぎて好きなので早急にこのバージョンの音源をください。

 

 

対馬さんのドラムのビートがなったので

THE BUNGYだとわかる。隣で一緒に見ていた子と思わずハイタッチ。

NICOのライブにはやはりこの曲は必要不可欠である。光村さんの煽りもいつも通り。

サビの前のダッダッダッっていうドラム好きなんですよねえ‥‥。

フェス仕様だから今回はなかったけれど

古村vs浅野くんやって欲しかったなー。

 

 

 

最後、バタースカッチのギターに変えた光村さん。ドラムの音的にニワカ雨か?Brokenか?と思っていたら古村さんのギターの音で「Broken Youth」とわかる。ここでも声にならない声が出る。

 

 

「壊せない僕らの勝利」はまさにその通りであった。大勝利です。NICO Touches the Walls。

 

 

 

 

 

 

 

▼セットリスト

1.B.C.G

2.ストロベリーガール

3.GUERNICA

4.THE BUNGY

5.Broken Youth

 

 

 

‥‥にしても、なんだこの破天荒なセットリスト。凄いな。こういうところ好きだ。

 

 

すべてのアクトが終わり、

ヒャダインさん、キュウソ、GLIM SPANKY、ヤバTのメンバーが先にステージへ。

 

キュウソのドラマーさんとヤバTのドラマーさんがおそろいのパンツをはいているという話で盛り上がる中遅れて出てきたNICO

 

光村「何の話してるのー」

この時の言い方が可愛すぎたのでもう可愛いと思ってました。

 

パンツ(ユニクロ製)がお揃いだとなぜかチラ見せする2人。

 

会場「キャー!!!!」「ギャー!!!」

 

 

光村「キモイ!!!!!!(大声)」

 

これには正直大爆笑してしまった。

めっちゃマジな感じで言っていたので‥‥笑

 

 

ヒャダインさん(?)「ドラマーはみんなこれなんですけどNICOさんは?」

 

 

対馬さんのパンツをチラ見して冷静かつクールな口調で「違いますね。」と言っていた。

その時の対馬さんの表情と「キャッ」みたいな動作を見逃しませんでした。あれは乙女だった。しかし私の好きなバンドのドラマーさんは女子力が高いと思うのだが気のせいだろうか。

 

 

 

 

NICO以外は全部ライブで見るのははじめてだったのだが、それぞれのバンドに特色があって素直に全部楽しめた。

色んなタイプのバンドが見れるのはフェスや対バンの醍醐味だなと思うのでこれからも行きたい。

 

 

 

次はNUMBER SHOT。

こちらも楽しみだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36度5分の体温

2017.06.30

フジファブリック「フジフレンドパーク2017」

@Zepp Diver CityTokyo

 

 

正直、この対バンが発表されたときは

「うわーまじで来てしまった」と思いました。

いつかはやるだろうと思ってはいたけれど。

 

 

ライブに行く前に、中野へ。

FAB BOOKというアーティストムック本で

志村さんが紹介していたお店へ。

 

f:id:fujiusg:20170702144103j:image

 

 7年越しの来店。

お店見ただけでドキドキ。

 

中に入り食券を買うと店員さんがお席に案内してくださいました。

あの、志村さんが座っていたお席に。

 

隣の2人がけ空いてるけど‥‥

フジのグッズとかは特に身につけてなかったのに。運命のいたずらなのか、たまたまなのか。

それは分かりませんが、この席で志村さんが食べていたと思うと‥‥たまりませんね。

 

f:id:fujiusg:20170702144446j:image

 

 

つけ麺。魚介系のお出汁でした。

ももちもちでとても美味しかったです。

 

 

 

Zepp Diver City Tokyo。

はじめましての箱。

 

会場はとても綺麗で、見やすくて、音がめっちゃ綺麗でした。

 

 

f:id:fujiusg:20170702144646j:image

 

 

フジファブリックUNISON SQUARE GARDEN。私にとっては高校の頃からずっと大好きなバンド。

いつか対バンして欲しいと願っていたので、実現してくれたことも嬉しいし、

なによりもそのライブをこの目で目撃出来ること、この耳で、身体で、心で感じられる事がこの上なく幸せだと、思いました。

 

 

 

UNISON SQUARE GARDEN

 

最初から最後まで「さすが」と思ってしまう、そんなセットリスト。

 

でも思いっきり攻め攻め。

お呼ばれ対バンのときほど攻めるユニゾン好き。

 

なかでも「誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと」や「アイラブニージュー」。ごめんなさい、本当予想もしてなかった。曲がはじまるごとに叫んだり息を飲んだり。感情が追いつくのが大変です。

 

個人的に

アイラブニージュー→桜のあと への繋ぎ方が好みすぎました。

 

ニゾンは曲と曲のつなぎ方が上手いなぁといつも思うのですがこのつなぎ方は反則だわ。

 

 

 

MCでは斎藤さんが「バンドをはじめて13年でようやくフジファブリックさんに呼ばれてとても嬉しい」と話し、事務所の先輩だけどなかなか関わる機会がなくて、仲良くなりたいと思ってたときにフジファブリックネットラジオに呼ばれて、「仲良くなるには下ネタしかない!」と思ったらしい。笑

 

中学生男子か!!あなた32歳だろ!

と思ったことは秘密です。

 

「田淵のうちにあるエロ本をたかおが持って帰った」話。

 

田淵ってちょいちょい斎藤さんの話のネタでとんでもないネタを暴露されてる気がするのです。んー?みたいな感じで澄ましてたの可愛かったです。

 

 

色々下ネタ言ったけれど「さすが、うちの事務所。そこだけ全部カットされてました!!!!!」

 

 

そりゃ当たり前だろうよ、、斎藤くんのイメージに関わるんだから(笑)

 

 

 

 

フジファブリック

 

「夜明けのBEAT」でスタート!

最初からボルテージがあがりました!

総くんverの夜明けのBEAT、サビの部分が何気に好きです。

 

「TAIFU」や「Sugar!!」に関しては嬉しすぎた。Sugar!!は実は色々含めても初聴き。(のはず)色んな感情が湧き上がってきた。

 

 

MCでさっき斎藤さんが話したことをそのまんま話す総くん。かとをさんに冷静に「それさっき斎藤くんが言ってたよ」と言われ

 

「えっ!!そうなん!!!???言ってよ!!!!」

 

とかいっちゃう36歳。

相変わらずアホの子健在。かわいすぎか。

 

 

総くん「さっきも舞台裏で話してたときに田淵くんがこの曲好きって言ってくれたのを僕は聞き逃しませんでした。リクエストに答えて‥‥じゃないけれど、好きだといってくれたから、せっかくなのでやります。」

 

 

と言って「徒然モノクローム」を。

全力で「わかる〜〜〜!!!!!」と叫びかけた。徒然モノクローム、大好きです。嬉しい。ありがとう田淵さん。

 

 

その次の曲、最近ずっと聴いていて

ライブで聴けないかなと思っていたのですが

本当にやりました。

 

 

「ブルー」。しっとりした雰囲気で柔らかくて

とても暖かい気持ちになった。

 

 

 

最近ユニゾンさんが先輩バンドさんにお呼ばれするとき、基本的に「斎藤くんが」「田淵が」と言われていることが多い中、

 

「たかおちゃんたかおちゃん」と言われている光景。控えめにいってもニヤニヤしてました。

 

 

金澤さん「僕はマイフレンドとしてこれからもたかおちゃんを推していきます。推しメンはたかおちゃん!!!」

 

 

と言われていて微笑ましかった。

 

 

 

アンコールのとき

斎藤さんが出てきました!

予想はしてたけれどうれしい!

 

 

総くん、ユニゾンをべた褒めしていて

それを本当に嬉しそうでもありながら謙虚にしている斎藤さん。

 

「そんな、よそよそしくされたら、なんかめっちゃ上から目線で偉そうなやつやん!!笑」

 

 

と言われ

 

 

斎藤さん「ありがとう、君たちも悪くないよ!」とノリよく返すところ本当好きだよ。

 

総くんと斎藤さん、お互いストラトメインなので、「ストラト漫談出来そう」と言ってました。笑 お互い即興でワンフレーズ弾いちゃうの最高すぎました。

 

 

フジファブリック+斎藤宏介の「若者のすべて

 

最初斎藤さんがキーをあげて一番を。

間奏で自然にキーを元に戻して総くんが二番を。

 

ラストのサビを2人で。

 

という歌い方をしてました。

 

 

斎藤さんの「若者のすべて」は本当に念願だったので嬉しかった。やっと聴けた。

何度も言ってるけど、好きなアーティストが、好きなアーティストの曲をカバーすることほど嬉しいものはない。

 

 

2人でハモったとき、ごく自然と、なのか

志村さんの声も合わさって聴こえて、

まるで3人で歌っている、そんな風に聴こえた。

 

 

 

 

 

ニゾンもフジも好きな曲ばかりで本当に幸せな空間でしかなかった。

また来年もやってほしい。

 

次はユニゾンNICOフジファブリックのスリーマンなんていかがでしょうか。

たんなる私得だけど。

 

 

f:id:fujiusg:20170706141650j:image

 

 

 

セットリスト

 

UNISON SQUARE GARDEN

1.サイレンインザスパ

2.ワールドワイド・スーパーガール

3.オリオンをなぞる

4.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

5.蒙昧Tarmination

6.天国と地獄

7.Silent Libre Mirage

8.アイラブニージュー

9.桜のあと(all quartets lead to the?)

10.シュガーソングとビターステップ

 

 

フジファブリック

1.夜明けのBEAT

2.TAIFU

3.SUPER!!

4.Sugar!!

5.徒然モノクローム

6.ブルー

7.銀河

8.カンヌの休日

9.Suffer King

10.虹

 

En1.若者のすべて(with斎藤宏介)

En.2.LIFE